じじぃの「カオス・地球_327_LIFESPAN・第9章・健康長寿社会に向けて」

【老化細胞の大掃除】アンチエイジング効果絶大なセノリティクスについて|自然食品で健康寿命を延ばそう

動画 YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=0HbKEFil_iE

セノリティクス(老化細胞除去薬)


「老化細胞を除去する薬」で若返り、実用化へ高まる期待

2023.03.06 ナショナル ジオグラフィック日本版サイト
周囲まで老化させる細胞を取り除く、2026年にも米国で承認か

年老いても心臓や脳、体のあちこちを若返らせることができたら──。それが、長寿研究における主役のひとつ、「セノリティクス」(老化細胞除去薬)の将来に寄せられる熱い期待だ。
老化を意味する「senescence」と、対抗を意味する「lytics」を合わせた「senolytics」(セノリティクス)は、文字通り老化防止を表す言葉だ。
https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/23/030300114/

LIFESPAN(ライフスパン)―老いなき世界

【目次】
はじめに――いつまでも若々しくありたいという願い
■第1部 私たちは何を知っているのか(過去)
第1章 老化の唯一の原因――原初のサバイバル回路
第2章 弾き方を忘れたピアニスト
第3章 万人を蝕(むしば)む見えざる病気
■第2部 私たちは何を学びつつあるのか(現在)
第4章 あなたの長寿遺伝子を今すぐ働かせる方法
第5章 老化を治療する薬
第6章 若く健康な未来への躍進
第7章 医療におけるイノベーション
■第3部 私たちはどこへ行くのか(未来)
第8章 未来の世界はこうなる

第9章 私たちが築くべき未来

おわりに――世界を変える勇気をもとう

                    • -

『LIFESPAN(ライフスパン)―老いなき世界』

デビッド・A・シンクレア、マシュー・D・ラプラント/著、梶山あゆみ/訳 東洋経済新報社 2020年発行

第9章 私たちが築くべき未来 より

来たる健康長寿社会に向けてなすべきこと

本書で説明していた様々な科学技術のおかげで、人間の健康寿命が延びることに疑いはない。具体的な時期と方法についてはそこまで確かではないものの、大まかな道筋はかなりはっきりと見えている。

ANPK活性化分子(細胞内のエネルギーが不足すると活性化し、代謝を制御する分子)とTOR(抗腫瘍・免疫抑制剤であるラパマイシンの標的分子で、細胞成長や栄養シグナル伝達にとって重要な働きを持つ)阻害分子、そしてサーチュイン活性化化合物(STAC)に実効性があることについては、幅広く強固な証拠が集まっている。すでに、メトホルミン(食事の摂取カロリーを抑え、体重減少につながる薬剤)、NAD増強分子(メトホルミンやラパマイシンも含む)、ラパログ(ラパマイシン類似体)、セノリティクス(老化細胞除去薬)については効果が確認されている。そのうえ、あらゆる病気の母である老化を治療すべく、世界中の優れた研究者がどんどんこの地球規模の闘いに加わりつつある。それにつれて、さらに効果の高い分子や遺伝子治療の発見される確率が、日を追うごとに高まっている。

ほかにも、細胞リプログラミングのように、寿命をさらに延ばして健康を高めるテクノロジーの開発を高めるテクノロジーの開発も進んでいる。また、本当の意味で個別化された医療が普及すれば、私たちの体をうまく機能させ続け、病気を防ぎ、先々厄介の種になりそうな問題に先回りして手を打つことができる。もちろん、長寿遺伝子をプラスの方向に働かせるために、今すぐできる簡単な方策も色々ある。

健康寿命の大幅に延びる未来がかならず訪れるのだとすれば、その未来の世界の世界をどういうものにしたいだろうか。

裕福なものが貧しい者よりもはるかに長生きし、そのおかげで年を追うごとにますます裕福になっていく――そんな未来でもあなたは平気だろうか。増え続ける人口が、残り少ない資源をむさぼり尽くし、絵界はしだいに住むに適さない場所へとなり果てる――そんな未来をあなたは生きたいだろうか。

もしそうなら、何もする必要はない。現状通りを続けていけば、人類の寿命を延びようが延びまいがきっとそこにたどり着く。あとは椅子に深々と腰かけてくつろぎ、世界が滅びるのを眺めていればいい。

しかし、未来の可能性はもう1つある。若々しくいられる時期を延ばすことによって、すべての人の繁栄と、世界の持続可能性と、人間の尊厳を大きく高めることへつながる未来だ。その未来では、モグラ叩き式の医療産業複合体から膨大な資源を解き放つことで、ほかの課題に大々的に取り込むことができる。この惑星に長く生きてきた人々が、その知識と技能によって敬われる未来。そして世界中が「善きサマリア人」となる未来だ。

ただし、その未来は保護されているわけではなく、闘ってつかみ取らなくてはならない。
私たちにはいくつかなすべきことがある。