じじぃの「コロナ感染・気候変動における貧富の格差・コモンの再生!プライムニュース」

気鋭哲学者×伊吹文明 コロナ感染と資本主義 緊急事態宣言と日本人 【後編】

動画 fnn.jp
https://www.fnn.jp/articles/-/181772

『人新世の「資本論」』著者・斎藤幸平さんからのメッセージ

動画 YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=WC6WxPNJXE0

気鋭哲学者×伊吹文明 コロナ感染と資本主義 緊急事態宣言と日本人 【後編】

プライムニュース 「気鋭哲学者×伊吹文明 コロナ感染と資本主義 緊急事態宣言と日本人」

2021年5月12日 BSフジ
【キャスター】新美有加、反町理 【ゲスト】伊吹文明(元衆議院議長財務大臣 自由民主党衆議院議員)、先崎彰容(日本大学危機管理学部教授)、斎藤幸平(大阪市立大学大学院経済学研究科准教授)
発生から短期間で世界的な感染拡大が起きた新型コロナウイルス。地球規模の影響が徐々に現れつつも、解決に向けた共通認識が長年にわたり築けないでいる気候変動問題。人類が直面する2つの課題を取り上げ、社会や人のあり方について本質的な議論を試みる。
現代の社会・政治・経済について考えた際に、新型コロナの感染拡大は何が原因で起こり、蔓延が続いているのだろうか。気候変動における根源的な問題はどこにあるのだろうか。

コロナ感染 気候変動における貧富の格差 コモンの再生

今回、番組に初出演する斎藤幸平氏は、マルクス研究を中心とした経済思想・社会思想が専門の34歳“新進気鋭”の研究者だ。
斎藤氏は、コロナ禍や気候変動に資本主義の問題点を見出し、唯一の解決策は「潤沢な脱経済成長」と訴えている。
人新世(ひとしんせい)・・・地球の時代を表す名前の1つ。環境破壊などによる危機的な状況をよく表す言葉。唯一の解決策は潤沢な脱成長経済である。晩期マルクスの思想をヒントに、危機の解決策と豊かな未来社会への道筋を具体的に描きだす。
●長引くコロナ禍で国民の意識は
日本はこれまで2回の緊急事態宣言で感染拡大を抑え込んでいた。
3回目の緊急事態宣言では今のところ第4波の波が収まらず、5月12日から5月末までの延長期間に入った。
先崎彰容、「3回目で一番苦しんでいるのは、どこで終わりにするか。4回目は出せない。問われているのは自由であって、平時の自由は終わりを迎える時代だと意識しておかないといけない。ロックダウンをやらない我が国の場合は、インパクトによる心理的効果しかない。3回目となると言うことを聞かない方が当たり前。2つの自由があって、1つは平時においては私たちは私権を制限されてはいけない。非常時において苦しむごく少数の人たちの自由を確保するためには、僕たちは平時の自由を制限することによって初めて少数者の自由が守られる。それはどういう時かと言ったら、コロナのような非常時。非常時においてはある程度強い私権制限を断行して短期決戦でやって終わりを迎えるべきだった」

憲法第13条

・すべて国民は、個人として尊重される。
・生命、自由及び幸福追求に対する国民の権利については、公共の福祉に反しない限り、立法その他の国政の上で、最大の尊重を必要とする。
伊吹文明、「憲法第13条に国民の権利について書かれている。強制しないというのは日本的なやり方だと思う。経済理論としてはマルクス経済は非常に分かりやすくていいと思う。その理想をどう実現するかということについては全く共産主義社会主義の独裁的、排他的統治システムには反対だが、人間1人1人の知性でものを処理していこうと思っている人間には理性がないという前提に立ってものを考えた方がいい。公的権力が介入することによって多くの人の公益を守るというシステムが日本には非常に少ない。感染症病床が日本は圧倒的に少ない。重症者を入れる集中治療室、ECMOを持っている病院が比較的少ない。利益だけではなく、非常時に備えておくための無駄を考えないといけないことが今回の教訓だったと思う」
斎藤幸平、「短期的な利益より長期的利益が大事。非常事態が起きたときのために多少余裕をもっていたときの方が危機のときに生きてくる」
●コロナ禍とグローバル資本主義

斎藤幸平は著書『人新世の「資本論」』の中で新型コロナのパンデミックを引き起こした根本的な原因は「資本主義」「グローバル化」にあるとしている。

斎藤幸平、「資本主義とは何か。資本主義とは資本を増やしていく運動。経済学で言えば経済成長、GDPが増えていく形で表れてくる。それに合わせてマーケットはどんどん拡張してきた。その過程においては人々がますます多くを生産し消費するために、より多くの資源を採掘し森林を切り開くことによって人新世と呼ばれるような人類の活動が地球全体を覆うような21世紀の状況に私たちは立っている。その結果、それまであった複雑な自然の生態系を破壊して、豚や牛を大量に育てていくモノカルチャー経済に変えていく。そこは絶好のウイルスにとっては繁殖場になる。ますます人間は森を切り開いていく。我々は何でも手に入れるようになった。この豊かさの裏には人間による自然破壊がある。『人新世』の矛盾がある」
先崎彰容、「資本主義に対して欲望と資本主義と考えた方がいい。人間は欲望を喚起され続けている。鉛筆でも1本で足りるものを2本買う。洋服でもそうだ。新しい洋服を着て他人と差別化したいとか。とりわけ90年代以降の資本主義のあり方は特徴的」
伊吹文明、「資本主義にはいろいろ欠点があるから、制度的に共産主義に直すのはどうやって直すのか。最後は人間の理性に頼らざるを得ない」
●気候変動における“貧富の格差”
斎藤幸平、「このままでいくと2050年には5000万人の環境難民が出るといわれている。日本のような食糧自給率が低い国では中国や米国から食糧が入ってこなくなる。先進国の富裕層の1%から5%は今のような生活を送れるだろうが、95%の人 高齢者や非正規労働者の人たちは見捨てられて危機的状況になることがありうる」
先崎彰容、「伊吹元衆議院議長はリアリティとして政治の現場で共産主義に対する肌で感じる恐怖感などを体験されていると思うが、我々の世代はそういうものがない。ここで話を聞いていてやっぱりなと思ったのはサンダースの名前が出てきたこと。我々は先ほどまで何を批判してきたかというと米国とは何かと、新自由主義の競争社会だと言ってきた。しかしサンダースは、私はこれもまた1つの典型的なアメリカニズムだと思っている。人を不安に陥れた上で、これしか選択肢が無いという思考の態度。米国の大半の人たちはトランプに入れたという不満も米国を見る時に大事。サンダースと、GAFAを始めとしたものは皆同じアメリカニズムなんだと話してきたが、その背景にも宗教がある」
●徹底議論 “共同体の再生”
斎藤幸平、「電気、教育、医療など生活に必要なコモン(共有財)を資本主義はすべて商品にしてしまう。新自由主義があらゆるものを商品経済のもとに飲み込んでしまってコモンズを解体してしまった。結果、お金を持っていないと生活に必要なものでも我々はそれを手に入れることができなくなっている。そういうものは商品にしないで皆でシェア(共有・分配)していくことで我々の生活を安定させる」

【提言】 「目指すべき日本社会」

伊吹文明 「伝統的規範の回復」
 ヨーロッパ、米国は”我思う故に我在り”の国だが、日本は”色即是空”の国だ。村でみんなで助け合って生きていく。
先崎彰容 「信頼」
 伊吹元衆議院議長の言われる通りです。
斎藤幸平 「コモンの再生」
 21世紀を新しい形で考え直す必要がある。
https://www.fnn.jp/subcategory/BS%E3%83%95%E3%82%B8LIVE%20%E3%83%97%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%A0%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%B9

じじぃの「科学・地球_46_SDGsの世界ハンドブック・生物多様性の危機」

What on Earth is Biodiversity?

動画 YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=NjwtneQ9cd8

One million species risk extinction due to humans: draft UN report

APRIL 23, 2019 phys.org
draft UN report obtained by AFP that painstakingly catalogues how humanity has undermined the natural resources upon which its very survival depends.
The accelerating loss of clean air, drinkable water, CO2-absorbing forests, pollinating insects, protein-rich fish and storm-blocking mangroves-to name but a few of the dwindling services rendered by Nature-poses no less of a threat than climate change, says the report, set to be unveiled May 6.
https://phys.org/news/2019-04-million-species-extinction-due-humans.html

『地図とデータで見るSDGsの世界ハンドブック』

イヴェット・ヴェレ、ポール・アルヌー/著、蔵持不三也/訳 原書房 2020年発行

19 持続可能な開発からほど遠い不平等な世界 より

地球上に住む人々のあいだにはつねに大きな不平等(格差)が存在してきたが、その一部はなおも増幅しつづけている。25年前には最貧困層(10%)の約7倍であったOECD諸国における最富裕層(10%)の可処分所得の平均は、今日では約9.5倍となっている。衛生環境や食生活の分野において改善こそみられるものの、社会的不平等は顕著である。極度の貧困状態で暮らす人々の数はここ30年で10億あまりに減少した(世界銀行調べ)。2005年から2015年にかけての10年間で、栄養失調状態にある人々の数は10億から8000万になった。とはいっても、環境問題(生物多様性の劣化、気候変動ないし温暖化、海洋汚染)は山積しており、これらは不適切で容認しがたい管理の仕方に起因する。人類全体としては持続可能な開発のスタンダードから今もほど遠い状況にあり、最貧困層は社会的・経済的な機能障害のあおりを真っ向から受けている。それゆえ、貧困の削減と根絶は持続可能な開発目標の核心をなすものといえる。

48 生物多様性の危機 より

生物多様性は地球の生態系の重要な構成要素のひとつであり、それは巨大な化学的環境、地球の炭素収支、その結果としての気候変動(とりわけ森林伐採による)にかかわっている。地球上の70億の住民がそれを使用し、破損し、さらには破壊している。このことから第6の「大絶滅」[地球の生物は、氷河期の到来や隕石の衝突などによって過去に5度、大量絶滅期を経験しているとされる]を危惧する専門家もいる。

生物多様性

生物多様性(biodiversity)は、英語のBiological Diversity(生物学的多様性)の縮約語で、生態系や種、同種内の遺伝子の多様性をふくむ、生物界の多様性を意味する。この生物多様性は、動物・植物群を主とする大きな「バイオ―ム(生物群系)」から構成される。これら生物集団は優勢な植生を対象とし、その有機的な組織体が大きな気候区分と深く関係する環境への適応によって特徴づけられる。
バイオ―ムとはある生物地理学的領域の特徴を示す生態系のひとまとまりを意味するが、機能的な単位である生態系には、互いの属性に影響をあたえる有機体と非生物的環境の両方がふくまれる。生態系は森林や沼沢、沿岸地域、草原、生垣[所有地の境界を示す灌木など]、樹木、海といったさまざまな空間的レベルに存在する。
それぞれの生物体は生態系のなかにおいてそれぞれ異なった機能を担っている。生産、消費、分解といった機能である。こうした生物多様性はまた炭素循環、窒素循環、リン循環、酸素循環のような、自然の大きな循環の構成要素をなす。そのかぎりにおいて、生物多様性は気候変動とかかわる。人間がこの気候変動を是正するなら、生物多様性は大気中に放出された大量の温室効果ガスから解放されるだろう。

今日の生物多様性

今日の生物多様性は、これまでの地球上に生存したすべての種の約1%を占めている。現在発見され記憶されている種の数は1500万から1800万のあいだといわれ、その半分は昆虫である。しかしながら、この数字は実際よりずっと少ないはずである。地球上の生物多様性は地域により大きなばらつきがみられるからである。
生物種の半分は陸地の7%に分布している。生物多様性に富んだ地域は各地に存在し、熱帯にみられる多くの「ホットスポット」[豊かな生態系をもちながら、絶滅が危惧される種が多く、破壊の危惧に瀕している地域]がこれにあたる。これらの地域は陸地全体の1.4%を占めるにすぎないが、そこには世界全体の44%の維管束植物類[シダ植物、種子植物]と35%の脊椎動物(魚類を除く)が生息・生育している。こうしたホットスポットカリフォルニア州やブラジル南部、地中海周辺、ギニア湾周辺の国々、南アフリカマダガスカル、インド洋の島々にみられ、約1万5000種の植物を有しているが、そのうち1万2000以上の固有種が東アフリカと東南アジアに認められる。

生物多様性の現状――生命の歴史の1段階

生物圏とその多様性はあらゆる時間・空間において進化する。いまだ異論はあるものの、生命の起源は今から30億年を少し超えた昔にさかのぼるとされる。海洋中で誕生した生命は、4億5000万年ほど前に陸上にも生息するようになり、複雑化していった。地質時代をへるなかで、地球の物理・化学的特性(気温や大気の成分)が変化するとき、種の絶滅が起こる。だが、絶滅期であっても、いくつかの種は生き残る。
    ・

人類の歴史において、人間の活動による生物圏への影響は最初は非常にわずかであった。しかし、ホモ・エレクトゥス(原人)が80万年ほど前に発見した火とともに、それは顕著になってきた。環境と生物多様性に対する影響はホモ・サピエンス(現生人類)の出現によりさらに強まり、数十種の大型哺乳類が第四紀の気候変動と人間の活動――それがすべての大型哺乳類の消滅の原因ではないにしても――の二重の影響によって姿を消した。最近ではドードー[マダガスカル沖のモーリシャス島に生息していた鳥類]や巨大ペンギンが絶滅し、アフリカ象、マウンテンゴリラなどの前途も危惧されている。

国際自然保護連合(IUCN)[地球規模で自然資源と環境の保全をはかるため、1948年に設立された国際団体、本部はスイスのグラン]は、絶滅危惧種をまとめたレッドリストを作成しているが、これらの危機をまねいている原因には、生息地の破壊または細分化、その汚染、天然資源の過度の利用(過剰漁獲ないし乱獲、過密放牧など)、一部が「侵襲的」レベルにまで達している無秩序な種の分散、そしてむろん気候変動の影響などがあげられる。

じじぃの「漫画より楽して儲かる芸能人・フリークス万歳・ピンヘッド!悪趣味の本」

Schlitze's big scene - Tod Browning's Freaks 1932

動画 YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=qwEL7m75GDM

Schlitzie the Pinhead

Rowan Atkinson

『悪趣味の本』

別冊宝島編集部/編者 宝島社文庫 2000年発行

Prologue フリークス万歳! 蛭子能収インタビュー より

切られんなら漫画の仕事がいいな

――水子供養なんてもちろんするわけないよね。だいたい、したらキリないし。
「オレもう、そういう面倒臭いことは嫌いなの。お袋死んだから墓買えって親戚が言うんですよ。でも、聞いたらアレって凄く高いんだねぇ。だったらいらんと思って、庭に埋めればよかって言ったら、庭に埋めるのダメなんだってねぇ、法律で」
――ダメだよ、そりゃ。しかし蛭子さんって「死」に対してなんでそんなに冷淡なの。あと、いろんな儀式とかさ。冠婚葬祭の類って、ぜんぜん必要性感じてないよね。現実っていうか、やっぱ目の前の利益、金だよね、なんたって。その割り切り方が尋常じゃないよね。
「うちの一家は、みんな、醒めてるんですよ。ぜんぜんベタベタしとらんの。兄貴もねえ、この前お袋ば死んだ時、25年ぶりかな、久しぶりに会ったの。嫌っているわけじゃないけど、べつにもう一生会わんでもいいと思っとった」
――やっぱ動物だよね。熊や狸と一緒だよ、その感覚。
蛭子さんは自分のことを実は宍戸錠に似ていると思っている。が、実際最も似ている人間は映画『フリークス』で有名な、ピンヘッド。他はラッコ、熊、ハムスター、海亀だとか、もう動物しかいない。だからというワケではないが、風体のことを脇に置いても、多分に動物的である。まァその「生き方」いうんですか? 行動原理だとか、そういうもんがほとんど「動物」なのである。
熊でも犬でも猫でも鼠でも、動物である以上、たとえどれほど利口でも「俺は熊だ」とか「犬だ」とかいう自意識や自我はいっさいない。だから、「私の種族は英国王室にも飼われている由緒ある犬なのよ」といった自尊心も持ちようがないし、「今はただの雑種のオレだけど、いつかは犬を磨いてゴールデンレトリバーのように輝いてやるぞ」なんて理想を持つこともない。
で、そういう自我、自意識、自尊心、理想などの有無が人間と動物を分けているとも言える。
ゆえに人間は動物よりも高等ということに一応はなっているわけだが、反面それらの意識が時に人間を不自由なものにしているのだ。
    ・
――えっ、まだ昔のまま、(ページ)5千円なの!! 今時こんな大先生に。漫画つまんないけど。
「それでこの前ついに言ったんですよ。”あのう、もう少し原稿料ば上げてくれませんか”って。そしたら6千円に上がったんだよ。もおー、オレやめたいよ。漫画ぜんぜんやる気ならん。アイデアも出んし、面倒臭くて。もうオレ、楽して儲かればいいの、なんでも。それで競艇ばして、雀荘行って、あとたまにパチンコ。それだけでいいの」

                      • -

どうでもいい、じじぃの日記。
イヌは飼い主に似るというのは本当なのか?
最近の調査によると、飼い主が落ち着いた人であれば、飼いイヌも落ち着いているのだそうです。
「蛭子さんは自分のことを実は宍戸錠に似ていると思っている。が、実際最も似ている人間は映画『フリークス』で有名な、ピンヘッド」
中国・習近平国家主席がディズニーの人気キャラクター「くまのプーさん」に似ていると話題になった。SNSでこのことを書くと、なぜかすぐに消されるのだそうです。

じじぃの「科学・地球_45_SDGsの世界ハンドブック・水資源利用の不平等(格差)」

再生可能な内部淡水資源別上位国

動画 YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=NnJjWR5s_1I

Proportion of population using improved drinking water sources (%), 2000

31 Dec 2015 ReliefWeb
https://reliefweb.int/map/world/proportion-population-using-improved-drinking-water-sources-2000

『地図とデータで見るSDGsの世界ハンドブック』

イヴェット・ヴェレ、ポール・アルヌー/著、蔵持不三也/訳 原書房 2020年発行

19 持続可能な開発からほど遠い不平等な世界 より

地球上に住む人々のあいだにはつねに大きな不平等(格差)が存在してきたが、その一部はなおも増幅しつづけている。25年前には最貧困層(10%)の約7倍であったOECD諸国における最富裕層(10%)の可処分所得の平均は、今日では約9.5倍となっている。衛生環境や食生活の分野において改善こそみられるものの、社会的不平等は顕著である。極度の貧困状態で暮らす人々の数はここ30年で10億あまりに減少した(世界銀行調べ)。2005年から2015年にかけての10年間で、栄養失調状態にある人々の数は10億から8000万になった。とはいっても、環境問題(生物多様性の劣化、気候変動ないし温暖化、海洋汚染)は山積しており、これらは不適切で容認しがたい管理の仕方に起因する。人類全体としては持続可能な開発のスタンダードから今もほど遠い状況にあり、最貧困層は社会的・経済的な機能障害のあおりを真っ向から受けている。それゆえ、貧困の削減と根絶は持続可能な開発目標の核心をなすものといえる。

40 水資源利用の不平等 より

世界における再生可能な資源としての淡水(400億km3/年)の分布は不均衡である。しかし、水へのアクセスにかんする不平等(格差)は、資源の不足より、むしろ政治的・経済的状況に負うところが大きい。水資源の管理は、地球温暖化の影響でさらに悪化する可能性のある国際関係の緊張のもととなりうる。一方、トイレがないためにまちまちに処理されている汚水や廃水は、地球の環境とそこに住む人々に思わしくない影響をあたえている。

不平等に分配された資源

淡水が地球上に存在する水全体の量に占める割合は2.8%である。再生可能な天然資源としての淡水の60%近くは、ブラジルやロシア、インドネシア、カナダ、アメリカ合衆国、コロンビア、ペルー、インドの9つの水大国が有している。
その一方で、クウェートバーレーンアラブ首長国連邦、マルタ、リビアシンガポール、ヨルダン、イスラエルキプロスといった国々にはわずかな水資源しかない。80ヵ国にちらばった11億の人々は安全な水を利用できる環境になく、一部の国では人口の40%以下がこのような状況下にある(カンボジア、チャド、エチオピアモーリタニアアフガニスタンオマーンなど)。利用可能な水資源の量は年間で住民1人あたり8万m3以上(ノルウエー、ガボン、カナダなど)から500m3以下(マルタ、イスラエルなど)までと幅がある。年間平均降水量に対する国の水の所有比もまた、ベネズエラの1%からサウジアラビアリビアにおける100%以上(利用指数)までと幅広い。
WHO(世界保健機構)は1人あたりの年間使用可能水量が1700m3を下まわる状態を「水ストレス」、1000m3をきる状態を「水不足」と定義している。人口と需要の増加にくわえて、気候変動の影響により、近い将来使用可能な水の量がすでにかぎられている国々の状況のさらなる悪化が起こりうる。こうした水不足を地域、地方、国際的レベルで測定する総合的指標のWPI(水貧困指数)には、身体的、社会経済的、生態学的視点からなる5つの下位指標がふくまれている。

資源不足によらない水の供給不足

水資源が存在しているからといって、住民すべてにそれが適切にいきわたっているわけではない。飲料水の不足は政治的・社会的状況によってひき起こされているからである。2010年、国連総会において飲料水と衛生に対する権利が基本的人権のひとつであることが承認された。だれもが個人および家庭で使用するために、十分かつ継続的、安全に、許容可能で手ごろな価格の水にアクセスできる権利をもっているのである。

水の質における不平等

2015年には、世界の人口の71%が安全に管理された、そしていつでも利用できる汚染されていない飲料水の供給サービスを利用し、89%が往復30分以内の距離に改善された水源[外部からの汚染、とくに人や動物の排泄物から十分に保護される構造をそなえている水源]を確保できていた。それに対し、8億4400万人は水の基本的供給サービスを受けられていない。

トイレの欠如は諸国際機関により考慮され、11月19日が世界トイレの日に定められたが[2011年]、世界の23億の人々はなおもこの衛生設備を欠いた状態で生活している。こうした状態は汚染のみならず、病気の蔓延にも重大な影響をおよぼす。これによって深刻な影響を受けるのは男性より女性であり、このことが男女間の不平等をさらに拡大させるのである。

20億人の人々は下痢やポリオ、コレラ、腸チフス、肝炎などを媒介しうる排泄物で汚染された水源を使用している。熱帯地方では多数の虫が水中に生息し、水中で繁殖する。これらの害虫は病気(デング熱)の媒体となりうる。2億4000万人が汚染された水に体をひたし、寄生虫に起因する住血吸虫症に苦しんでいるのもその一例である。消費される水が殺虫剤などの殺菌剤、さらには工業関連の化学物質に汚染されている可能性もある。

じじぃの「日本のアニメ・鬼滅の刃・相互に影響し合う日米文化!悪趣味の本」

The STRONGEST Demon Slayer! Yoriichi Tsugikuni Origin - Demon Slayer: Kimetsu no Yaiba

動画 YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=RL5Bd0AFRxE

Demon Slayer || Kimetsu no Yaiba episode 26 [END] reaction mashup

動画 YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=3z5aJg3jBX4

Demon Slayer || Kimetsu no Yaiba episode 26 [END] reaction mashup

Demon Slayer, c’est 60 millions d’exemplaires vendus, 1er en 2020

13/05/2020 par Benjamin Cabiron
https://furansujapon.com/demon-slayer-cest-60-millions-dexemplaires-vendus-1er-en-2020/

鬼滅の刃』米国の外国語映画オープニング興行成績、歴代1位に 世界各国で快進撃

2021年4月27日  Yahoo!ニュース
アニメ『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』が米国にて現地時間4月23日、4DX・IMAXを含む約1600館で公開され、金・土・日曜の初週末に英語吹き替え版と字幕版合わせ興行収入約2100万ドル(約22億円)を記録。米国内で公開された外国語映画のオープニング興行成績として歴代1位となった。
日本では4月25日までに累計来場者約2880万人、興行収入397.8億円を記録しているが、その人気は日本・北米のみならず、アジア・オセアニアなど世界中に広がりつつある。台湾でアニメ映画の歴代最高興収となる約29億円、シンガポールで日本アニメ映画の歴代最高興収となる約8億円、オーストラリア・ニュージーランドでは公開初週の興収ランキング1位の約4億円をあげ、韓国でも興収約17億円を記録。4月27日までに19の国と地域で上映された海外地域における総興行収入は約81億円超、累計来場者数は約878万人にのぼる。今後は中南米・欧州・中東での公開も予定されている。
https://news.yahoo.co.jp/articles/bcfb724af7701d25e8541767f6b9855b9c23d348

『悪趣味の本』

別冊宝島編集部/編者 宝島社文庫 2000年発行

PART3 ヨッ! 人生解毒秘法 世界は「OTAKU」を待っている! より

相互に影響し合う日米文化

ここらで、アメリカのOTAKUブームについて、いったん状況を整理しよう。
まず、大状況として、子どもたちの間での『セーラームーン』『パワーレンジャー』の人気がある。いずれもTV放映されているが、日本のアニメなどが、アメリカやさらにはヨーロッパの欧米文化圏で放映されるようになったのは、ごく最近の話ではない。
しかし、特にアメリカでは、日本の作品の多くはアメリカ人向けに内容を改変され、実写の作品は芝居の部分を向こうの役者で撮り直したりしてアメリカナイズするのが、基本的な姿勢だ。今、人気の『パワーレンジャー』も、、日本で作られた東映戦隊シリーズ(『ゴレンジャー』以来の5人1組のヒーローもの)である。『恐竜戦隊ジュウレンジャー』のヒーローをベースに、同シリーズの『カクレンジャー』のキャラクターを加え、ドラマ部分はアメリカで作っている。
    ・
宇宙生命体の警察官が、人間に乗り移って戦うという『ウルトラマン』の発想が向こうの『ヒドゥン』に影響を与え、それがさらに日本の『寄生獣』にパクられるなど影響というのは一方向でなない。
「そういう比較をすると面白いですよね。最近、ハリウッドのアクション映画が宮崎駿の影響を受けていますが、宮崎アニメだって、もともとリチャード・フラシャーのアニメから影響を受けている。私は今度、そういう相互の影響を解説した本を書いてみたいと思ってるんです」(岡田氏談)

OTAKU文化はロリコンの代替物?

日本のアニメを原語版で見るアメリカのOTAKUたちにとって、日本の声優の声の魅力も大きいという。日本の女性特有のファルセットボイスや、それを変形させて使う少年の声には、たまらないものがあるのだろうか。
大畑氏のビデオが注目されるきっかけとなった、日本のバイオレンス・アニメビデオのブーム。これについても、かつては大手ビデオチェーン店などで、エロビデオが置かれていたが、レーガン・ショックで規制され、その代わりとして、80年代の日本で大量に作られたエロとバイオレンスが一緒くたになったアニメーションが置かれ出したのが、流通の契機だという。
そのあたりの状況については、比較文化研究が専門で、アメリカの近現代史に詳しい明治大学教授の越智道雄氏からお話をお聞きした。
アメリカの70年代は、ニクソンベトナム戦争から”名誉ある撤退”をするためにやった文化規制のリベラルな緩和と、カウンター・カルチャーの流れが重なって、しばらくセックスと暴力は解禁ムードにあった。ところがレーガン政権の時に反動が起こり、それらが厳しい規制の対象になっていったわけです」
加えて、アメリカでは幼児虐待が社会問題として大きく浮上するようになり、ロリータもの、実写版のチャイルドポルノは特に厳しく取り締まられた。
「オリエンタル」嗜好としてのOTAKUブームというのは、幼く見えるオリエンタル美少女ブームという側面もあるのではないか。それは取材の時に各氏が持参してくれた多くの雑誌に、ヒーローばかりでなく、日本の美少女の写真やロリコンアニメの主人公にかなりのページが割かれていたことからも推論できることだ。
    ・
「日本のヒーローって、西洋のヒーローと比べると中性的に見えるんですよ」と中野氏。
セーラームーン人形も、アメリカで発売される時は、眉のつり上がった大人の美女風に味つけされたアメリカ版が作られていたが、最近、中世的な少女ヒロインである放映版に近い者が求められるようになってきたという。
「日本のヒロインがそのままアメリカでもキャラクターグッズになるところまで、あと一歩でしかないですよ」と岡田氏。
アメリカの、そしてヨーロッパのOTAKU人口は、総人口からの比率でいったらまだまだ少ない。しかし、日本の中性的なヒーロー像は、彼らの国々の子どもたちを、着実に幼い頃から洗脳し続けているのである。

                        • -

どうでもいい、じじぃの日記。
先日、テレビの報道番組で「鬼滅の刃」の特集をやっていた。
アメリカでは「鬼滅の刃」を上映している劇場前には人の行列が。
終わった人にアニメの感想を聞いてみると、
黒人の少女。取材スタッフがマイクを向けると、手で顔をおおって泣き出した。
友だちが彼女の肩を抱いていたわっていた。
ネットで「Demon Slayer: Kimetsu no Yaiba Episode」をキーにして検索してみた。
みなさん、夢中になって見ています。
なかには、祈るように見ている人も。
結構コロナの影響で、こんな生活を送っている人が多いのかもしれません。

じじぃの「科学・地球_44_SDGsの世界ハンドブック・気候変動・温暖化」

誰が気候変動の責任者ですか? 誰が修正する必要がありますか?

動画 YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=ipVxxxqwBQw

Where in the world do people emit the most CO2?

October 04, 2019 Our World in Data
We can calculate the contribution of the average citizen of each country by dividing its total emissions by its population. This gives us CO2 emissions per capita. In the visualization we see the differences in per capita emissions across the world.
The world’s largest per capita CO2 emitters are the major oil producing countries; this is particularly true for those with relatively low population size. Most are in the Middle East: In 2017 Qatar had the highest emissions at 49 tonnes (t) per person, followed by Trinidad and Tobago (30t); Kuwait (25t); United Arab Emirates (25t); Brunei (24t); Bahrain (23t) and Saudi Arabia (19t).
https://ourworldindata.org/per-capita-co2

『地図とデータで見るSDGsの世界ハンドブック』

イヴェット・ヴェレ、ポール・アルヌー/著、蔵持不三也/訳 原書房 2020年発行

19 持続可能な開発からほど遠い不平等な世界 より

地球上に住む人々のあいだにはつねに大きな不平等(格差)が存在してきたが、その一部はなおも増幅しつづけている。25年前には最貧困層(10%)の約7倍であったOECD諸国における最富裕層(10%)の可処分所得の平均は、今日では約9.5倍となっている。衛生環境や食生活の分野において改善こそみられるものの、社会的不平等は顕著である。極度の貧困状態で暮らす人々の数はここ30年で10億あまりに減少した(世界銀行調べ)。2005年から2015年にかけての10年間で、栄養失調状態にある人々の数は10億から8000万になった。とはいっても、環境問題(生物多様性の劣化、気候変動ないし温暖化、海洋汚染)は山積しており、これらは不適切で容認しがたい管理の仕方に起因する。人類全体としては持続可能な開発のスタンダードから今もほど遠い状況にあり、最貧困層は社会的・経済的な機能障害のあおりを真っ向から受けている。それゆえ、貧困の削減と根絶は持続可能な開発目標の核心をなすものといえる。

36 温室効果ガスと気候変動 より

2018年になされた気候変動に関する政府間パネルIPCC)[地球温暖化について科学的、技術的、社会経済学的見地から包括的評価をおこなうために設置された政府間機構]の報告によれば、世界の気候は工業化以前の時代の時代に比べて約1℃上昇しているという。地球温暖化をうながすとされる温室効果ガスを放出しているのはとりわけ工業国(アメリカ合衆国など)と新興国(中国など)である。ただ、この温暖化に直面しながらすべての国が同じ条件下に置かれているわけではない。もっとも影響をこうむりやまないのは最貧国であり、温暖化はこれらの国々をさらに脆弱化する可能性をおびているのである。

2015年にパリで開催された気候変動枠組条約締約国会議(COP21)において、加盟国が現時点から2100年までの地球の気温上昇を産業革命前と比較して2℃未満、できることなら1.5℃に抑えることが決められた。それは長期的には地球が吸収できる以上のCO2を排出しないことを目的とする。

気候変動に関する政府間パネルIPCC

1988年に世界気象機関(WMO)と国連環境プロジェクト(UNEP)により設立されたこの政府間パネルは、気候変動にかんする国際的協議をおこなう。

温暖化の現状

今日でもなお世界の国々は不平等なかたちで大量のCO2を排出しつづけている。全排出量に占めるその割合は中国が30%、アメリカ合衆国15%、EU10%、中東7%、アフリカ3%となっている。1990年から2014年にかけて、全世界のCO2排出量は58%上昇した。もっとも高い上昇率を記録したのは中国で、排出量は4倍以上にのぼった。アメリカでは7%の上昇がみられた。それに対し、EUのCO2排出量は1990年の28%から21%に減っている。
人口比でみると、CO2の排出ではアメリカが最大である。にもかかわらず、アメリカ大統領はパリ協定[COP21]の破棄を通告した。人口1人1年にあたりのCO2排出量は、中国が7.5トン、ブルキナ・ファソ0.2トンであるのに対し、カタールは45.4トンとなっている[2017年のアメリカは14.6トン]。周知のように、温室ガス(GHG)は、さまざまな産業活動や交通・運輸、暖房、発電に用いられる化石燃料(石炭、石油)によって生み出されている。

じじぃの「鳥の脳・空中でダンスをするワタリガラス!まとまりがない動物たち」

NATURE | Ravens | Raven Courting Ritual | PBS

動画 YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=os5jcMjiXKI

LOVE LOVE LOVE these "Dancing Crows"

https://www.pinterest.jp/pin/536421005597209976/

Mind of the Raven: Investigations and Adventures with Wolf-Birds by Bernd Heinrich

In Mind of the Raven, Bernd Heinrich, award - winning naturalist, finds himself dreaming of ravens and decides he must get to the truth about this animal reputed to be so intelligent.
Much like a sleuth, Heinrich involves us in his quest, letting one clue lead to the next. But as animals can only be spied on by getting quite close Heinrich adopts ravens, thereby becoming a "raven father," as well as observing them in their natural habitat, studying their daily routines, and in the process painting a vivid picture of the world as lived by the ravens.
https://www.goodreads.com/book/show/254704.Mind_of_the_Raven

『まとまりがない動物たち 個性と進化の謎を解く』

ジョン・A・シヴィック/著、染田屋茂、鍋倉僚介/訳 原書房 2020年発行

第5章 群れか単独か より

私にとってこの島(アラスカ州にあるアダック島)は、人格の形成期を過ごした大切な場所だ。私は成長とともに、外の世界やそこに住む生物が好きになった。成長とともに、激しく吹き付ける雨や風が好きになった。霰(あられ)に顔を打たれ、自分を死に追いやろうとする環境に抗うことで、生きていることを実感した。過酷な環境に生きる動物たちと、ちょっとした絆を感じるようになったのもこの頃だ。アダック島は、ワタリガラスにとって完璧な場所だった。
ワタリガラスはほかの鳥とは違う。物陰で縮こまるカモや小鳥をよそに、雨風に立ち向かい、くちばしで雨氷を砕きながら上空へ舞い上がる。どんなにひどい天候でも霧の嵐を一身に浴びて遊ぶ。
ワタリガラスは崖の縁から舞い降りて、風のなかを突き進む。翼をたたみ、黒い弾丸のようにバレルロールをしながら急降下し、雨で濡れたツンドラの上すれすれを飛んでいく。突然、黒い体が大きくなる。強風を体一面で受けるために、翼を大きく開いたのだ。ワタリガラスはその風で突き上げられ、翼をたたみ、クルクルとまわりながらふたたび上昇していく。そうして見えない空の階段を一気に上りきると、風に身を委ねて水平飛行をしながらカーと鳴き声を上げ、横一線に並んで山の上を飛んでいく。ワタリガラスは急降下することで喜びを表現しているのだろうか。崖の上にとどまってピョンピョン跳ねている2羽は、その行動が表すように傲慢で冷めているのだろうか。
ベルンド・ハインリッチは『タリガラスの心 Mind of the Raven』のなかで、ワタリガラスが空で行っているのは飛行パーティなのだと説明してる。そう、私が当時みたのもまさにそれだった。
ワタリガラスが上空で見せたフラッシュ・モブは高校生のダンスみたいなもので、ただダンスを踊っているというより、交友関係の築き方を学ぶために行なわれていた。時間をかけてダンスをしているうちに、2羽のカラスのあいだで強い絆が育まれることもある。その2羽は群れから離れて、高い場所に並んでともり、互いに身づくろいをするのだ。そのとき鳥の脳内で何が起こっているのか、それは私の心や体で起こる感情や神経の働きと近いものなのか、私には知る由もなかった。

                        • -

どうでもいい、じじぃの日記。
踊るクモとして有名なのは、オーストラリアに棲むピーコックスパイダー(孔雀のクモ)だ。
ワタリガラスは雄雌の2羽が上空に舞い上がり、ダンスのように踊るらしい。
三次元ダンス。高度な技ではありませんか!