じじぃの「揺れる韓国内政事情・バイデン次期政権の対韓姿勢は!プライムニュース」

【鈴置高史】韓国経済の実態と行方【反町理】【真田幸光】

動画 YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=ac8SpkEcFXk&t=46s

真田&鈴置が徹底分析 文大統領「対日戦略」

はやぶさ2打ち上げ、韓国ネット「国民は青瓦台探査に懸命」、米ネット「持ち帰るのはゴジラかも!」

2014年12月6日 Record China
小惑星探査機「はやぶさ2」が3日、太陽系の歴史や生命の起源の解明に役立つ有機物を含んだ石や砂の採取を目指して飛び立った。
10年6月に世界で初めて小惑星の微粒子を地球に持ち帰った「はやぶさ」の後継機だけに、韓国や米国でも関心が高く、「国民は青瓦台(大統領官邸)探査をするために懸命だ」「持ち帰って来るのはゴジラかも」など声がネットユーザーから寄せられた。
https://www.recordchina.co.jp/b98543-s0-c30-d0059.html

プライムニュース 「真田&鈴置が徹底分析 揺れる韓国内政事情と 文大統領 対日戦略」

2020年12月3日 BSフジ
【キャスター】長野美郷、反町理 【ゲスト】真田幸光(愛知淑徳大学教授)、鈴置高史(ジャーナリスト 元日本経済新聞編集委員
12月3日に、韓国で一斉に行われる大学修学能力試験。高学歴社会で猛烈な競争社会でもある韓国にとって、人生の大きな分岐点となるこの試験を前に、新型コロナの「第3波」が猛威を振るっている。市民からは感染拡大を抑えられない政府に対して批判の声が高まり、先月27日発表の世論調査で文政権の支持率が40%と、就任後最低の数字である39%に迫る結果となっている。
また、新型コロナ問題と並んで注目されているのが、先月24日に秋(チュ)法務部長官が突然発表した、尹(ユン)検事総長の職務停止の発表だ。「検察改革」を掲げる文政権と検察の最高権力者をめぐる“確執”が、ついに「実力行使」とも言える形で噴出したことで、韓国の内政は混とんとした状況にある。
対外的には、国家情報院の朴院長を日本に派遣したり、日米南北会談の開催を呼び掛けたりと、この1ヵ月、日本に対してこれまでとは違う態度を示し始めてきた文政権。更に北朝鮮までもが、朝鮮総連に対して「日本国民との親善」を呼びかけ、間接的とはいえ、日本との関係改善を望んでいることが明らかになるなど、朝鮮半島の南北で新しい動きが始まっている。
こうした変化は日本にどう影響するのか?また、その背景に何があるのか?
●バイデン次期政権の対韓姿勢は
米大統領選で勝利したバイデン前副大統領の政権移行チームは23日、次期国務長官に選挙で外交政策顧問を務めたバイデン氏の側近アントニー・ブリンケン元国務副長官を指名すると発表した。
米国次期国務長官に指名されたブリンケン氏について。
真田幸光、「バイデン新政権は北朝鮮に対してかなり強く出るのではないか。トランプ大統領の時以上に非核化を強く求めていくのではないかと思う。バイデン新政権は中国があまり動いてくれないことを思うと韓国に対する圧力を強くするのではないか」
鈴置高史、「慰安婦も最近また言い始めたのはバイデン政権対応だろう」
駐日大使になる姜昌一(カンチャンイル)韓日議連名誉会長について。
鈴置高史、「日本を知る人こそ日本に対してコンプレックスを持っている人が多い。その反動で日本を誹謗中傷することも考えられる」
GDP国後島、ロシアについて言及。
真田幸光、「ロシアとの関係と、日米韓の関係を天秤にかけて軽傷の方を採用して受け入れるのか断るかを考えざるを得ないような、うまい手を置いてきている」
鈴置高史、「米国に対して、姜昌一という人は国後島に行っただけではなく天皇陛下に対して侮蔑的な発言をしている」

【提言】 「日本が示すべき外交姿勢とは」

真田幸光 「義のあるしたたか外交」
 日本は国際社会の中できちんと義を立てる。それだけでは足りない。米、中、ロシアではしたたかに日本の立ち位置を取って外交を行う。
鈴置高史 「お隣はベネズエラ
 ベネズエラは米国に近くてキューバに近い。韓国の場合は北朝鮮。韓国はベネズエラにように反米政権になり産業を国有化して何をするか分からないようになってきている。
https://www.fnn.jp/subcategory/BS%E3%83%95%E3%82%B8LIVE%20%E3%83%97%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%A0%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%B9