じじぃの「科学・芸術_684_セントラルドグマ・エクソソームとマイクロRNA」

直径100nmのメッセンジャー エクソソームは診断・治療に革命をもたらすか?(実験医学2016年6月号特集の紹介) 動画 YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=0xKeeROffSU
 一滴の血液で がん診断

サイエンスZERO 「生命維持の要 エクソソーム」 2018年7月22日 NHK Eテレ
【司会】小島瑠璃子、森田洋平 【ゲスト】落谷孝広(国立がん研究センター研究所主任分野長)
医療に大変革を起こすであろう「エクソソーム」研究の最前線。「エクソソーム」とは各臓器の細胞がお互いにやりとりするためのメッセージカプセル。
人の生命活動は、脳の指令のよるという常識が覆り、今では、各々の臓器の細胞がお互いにメッセージ物質を出してやりとりし、生命を維持しているということがわかってきている。
注目を集めているのが、細胞が放出する「エクソソーム」と呼ばれるメッセージカプセル。中には「マイクロRNAと呼ばれる遺伝子の情報が入っていて、体内を駆け巡る。医療に大変革を起こすであろう「エクソソーム」研究の最前線に迫る。
免疫が低下しているマウスに転移するがんを移植し、このマウスについてエクソソームを投与するグループしないグループに分けたところ、3週間後エクソソームを投与したグループは転移が抑えられた。
がんは、実はエクソソームの働きを悪用して転移をしていた。
例えばがん細胞が偽のエクソソームを放出し、「もっと栄養が欲しい」とメッセージを出す。
すると毛細血管が伸びてきて、がん細胞が酸素や栄養を取り込めるようになる。
あるいは、免疫細胞に「攻撃をやめて」というメッセージを出すと食べられないようにするなど。
そこで、落合さんのグループはこのがんの悪巧みを逆手に取ることを考えた。
具体的には、がんの放出するエクソソームに特定の抗体を貼り付け、免疫細胞に見つけられるようにする。
この抗体を付けたマウスは、付けていないマウスに比べがんの転移が9割も抑えられた。
http://www4.nhk.or.jp/zero/
タンパク質の合成 自宅で学ぶ高校生物-生物基礎・生物
セントラルドグマ
DNAの情報を基にRNAが合成され、RNAの情報を基にタンパク質が合成される。この流れをセントラルドグマと呼ぶ。エヴァンゲリオンでは、最も最下層の中心部分をセントラルドグマと呼んでいる。この生物学用語が由来となっている。
http://manabu-biology.com/archives/41921841.html
15分でエクソソーム研究をキャッチアップ  GEヘルスケア・ジャパン株式会社
がん細胞由来のエクソソーム中に含まれるマイクロRNA をがんのバイオマーカーとして使用するという試みがされています。
●エクソソーム(Exosome)とは?
細胞間のコミュニケーションに細胞外小胞(Extracellular vesicles、EVs)が使用されているということが知られています。そのサイズや生物学的機能からエクソソーム、MV(microvesicles)などに分類され、中でも直径50〜100 nmの小胞はエクソソームと呼ばれ、近年生体内での機能の解明が急速に進んでいます。
急速にすすむエクソソーム研究の中でも、がんとの関連は特に注目されています。がん細胞では正常細胞よりも20%多いエクソソームが放出されることが知られいるため、がん組織においてエクソソームは重要なツールとして位置付けられていることが推測されます。また、がん細胞由来のエクソソームには固有のマイクロRNAや表面の特異的タンパク質、DNAなどが含まれていることがわかっています。エクソソームはがんがその兆候を示す前、初期の段階から放出されていることから、がんの早期発見マーカーとして、またリキッドバイオプシーの対象として実用化に向けて研究がすすめられています(下図ならびに「がんマーカーとしてのエクソソーム」に詳述)。また、間葉系幹細胞から産生されるエクソソームにはがん抑制効果が見られ、研究対象として注目が集まっています。
以下では現在注目されているエクソソーム(Exosome)の特長を概説するとともに、その解析方法をご紹介いたします。
https://www.gelifesciences.co.jp/newsletter/201707_exosome.html