じじぃの「擬態・目玉模様を持つフクロウチョウ!へんないきものもよう」

Natural selection and the owl butterfly 動画 YouTube
https://www.khanacademy.org/science/high-school-biology/hs-evolution/hs-evolution-and-natural-selection/v/natural-selection-and-the-owl-butterfly
eye spot 「Owlbutterflies」

へんないきものもよう』 早川いくを/著 ベストセラーズ 2018年発行
フクロウチョウ より
「フクロウチョウ」というチョウの羽には、奇妙な目玉模様がある。
長らく、これは天敵の小鳥を追い払うため、フクロウの目に擬態しているのだと考えられてきた。
だが、この説に、同心円状の模様が動物に嫌悪感を生じさせているだけで「フクロウの擬態」とまではいえないのではないか?
そこである研究者グループが、このことを確かめるためにひとつの実験を行った。実験の協力者は、小さく可憐なシジュウカラであった。
シジュウカラはチョウをエサにする。なおかつフクロウのエサとなる。ではフクロウチョウの目玉模様を見せたら、この小鳥はどんな反応を示すだろうか? そこでシジュウカラに、モニターでチョウの目玉模様を見せてみた。
実験の結果は、昔ながらの話を裏付けるものであった。シジュウカラは単なる同心円状の模様より、フクロウそっくりの目玉模様により強く忌避(きひ)反応を示したのである。
フクロウチョウは、虎の威を借りるように、フクロウの威を借りてシジュウカラを追い払っていたのだ。
こうした目玉模様は「眼状紋(がんじょうもん)」と呼ばれる。

                        • -

どうでもいい、じじぃの日記。
早川いくを著『へんないきものもよう』という本を見ていたら、「フクロウチョウ」が載っていた。
擬態のなかには、枯葉が丸まっているようにしか見えない蛾(ガ)がいます。
この「フクロウチョウ」というガは、まるでフクロウの目玉で相手を威嚇しているように見えます。
最近、スウェーデンでどっかからの旅行客に対し「ウンコするな!」のポスターが貼られたとか。
ついでに、フクロウの目玉も一緒に貼れば効果があるのではないでしょうか。