じじぃの「科学・芸術_166_トルコ・ユダヤ教徒」

Ladino (Djudeo-Espanyol) Lesson/Leccion 1 - Ken sos tu? 動画 YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=t4pX8zwjcdY
トルコのユダヤ

『トルコを知るための53章』 大村幸弘、永田雄三、内藤正典/編著 赤石書店 2012年発行
オスマン帝国ユダヤ教徒 スペインから追放されたユダヤ教徒 (一部抜粋しています)
イスタンブールのガラタ塔近くにある喫茶店に寄った。すると、店の外にいた女性たちが雑談に興じている。彼女たちが話している言葉はトルコ語ではなかった。その言葉とは、ラディーノ語であった。ラディーノ語とはいまから約500年前にスペインから追放されたユダヤ教徒が使っていた言葉である。頭で理解していても、実際にこの言葉を聞いたときには歴史の不思議さを実感した。発音はスペイン語にしか聞こえないこのラディーノ語は、500年前に地中海の西から東にやってきたユダヤ教徒の子孫によって話されているのである。ユダヤ教徒がなぜスペインで追放され、オスマン帝国に辿り着き、その後どのような運命をたどったのかを述べる。
ユダヤ教徒が民族離散(ディアスポラ)となったのは紀元前後からである。彼らの多くが地中海周辺からヨーロッパ、あるいはイスラム世界にコミュニティーを形成し、商業活動を中心に活動を行ったことはよく知られている。しかし、ヨーロッパでは「キリスト殺しのユダヤ人」として迫害の対象となり、ペストの流行の際などに多くのユダヤ教徒が殺戮された。一方、イスラム世界ではユダヤ教徒は比較的寛容に扱われることが多く、とくに、イスラム支配下イベリア半島では、セファルディームと呼ばれるユダヤ教徒社会では、多くの著名な学者などを輩出するほど、彼らの活動は活発であった。しかし、レコンキスタが進展すると、やはりセファルディームは迫害の対象になった。イベリア半島での迫害はおもに強制改宗という手段がとられた。それはセファルディームの存在が新たな国家建設に必要であったため、キリスト教徒は彼らを社会の中に取り込もうとしたのである。セファルディームからの改宗者は文字どおり、新キリスト教徒、改宗者またはマラーノと呼ばれた。しかし、その改宗の真偽は疑われ、スペインでは15世紀後半から異端審問がはじまり、異端判決宣告式が開かれるに至る。そして、イベリア半島最後のイスラム半島最後のイスラム王国であるナスル朝が滅び、レコンキスタが終了した1492年、ついにユダヤ教徒追放令が公布されたのである。これによって、10万人以上といわれるセファルディームがスペインから、さらにその後ポルトガルから追放されることとなった。その一部がオスマン帝国にまで移住してきたのである。
     ・
16世紀の勢いを失いつつあったユダヤ教徒コミュニティーであるが、それでも18世紀初頭まで有力なユダヤ教徒金融家や商人も存在した。しかし、オスマン帝国常備軍であるイェニチェリと深い関係を持っていたため、1826年のイェニチェリ廃止とともに、彼らも没落していくことになった。そのため、同じオスマン帝国の被保護民であるギリシャ人やアルメニア人に経済面で圧倒されるようになった。このようなユダヤ教徒の状況に大きな変化をもたらしたのが、西ヨーロッパのユダヤ教徒であった。とくに、フランスのユダヤ教徒オスマン帝国を含むイスラム世界のユダヤ教徒の啓蒙と文明化のために、1860年に万国イスラエル連合を創設。イスラム世界のユダヤ教徒の教化に着手した。その結果、オスマン帝国内にも多くのフランス式の教育制度を取り入れた学校が建設され、オスマン帝国ユダヤ教徒に新たな知識が吹き込まれた。それによって低迷していたユダヤ教徒コミュニケーションの中から、次々と有能な人びとが生まれ、ユダヤ教徒社会に大きな変化が生まれるようになった。しかしながら同時にこの有能な人びとの中から、19世紀末に生まれたシオニズムに傾倒するグループも現れ、次第にユダヤ教徒コミュニティー内で連合派とシオニズム派の対立が発生したのである。
     ・
現在のトルコ共和国ではユダヤ教徒の数はイスラエル建国によって、大きく減少しイスタンブールでも1万人を超える程度といわれている。しかし、首席ラビを中心にユダヤ教徒コミュニティーも現存し、経済界などにおいてはユダヤ教徒の著名人も決して少なくはない。