じじぃの「微生物から生まれた抗生物質・イベルメクチン・なぜ細菌だけを殺せるのか?雑学の本」

ノーベル賞受賞の大村智氏が世界10億人を救うため数百億円を放棄していた 動画 YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=zJsnSqzLn5o
大村智博士

エバーメクチンとイベルメクチンの違いは?何の感染症に効果があるのか 情報最先端『これさえ知っときゃ大丈夫』
2015年10月5日にノーベル医学生理学賞を日本人が受賞しました。
ノーベル医学生理学賞を受賞したのは、北里大学の名誉教授である大村智をはじめとした3名。
大村智は1979年に、「エバーメクチン」という化学物質を発見。
その後エバーメクチンは、アメリカの製薬会社によって「イベルメクチン」という駆除薬品開発に大きく貢献することとなりました。
またエバーメクチンは人体にも大きな効果があることが発見され、感染症に対する特効薬としても普及を果たしています。
http://rohika01.com/ebamekutin-3886
サイエンスZERO 「祝!ノーベル賞(1)大村智さん 微生物から薬を生み出せ!」 (追加) 2015年11月29日 NHK Eテレ
【司会】竹内薫 (サイエンス作家)、南沢奈央 (女優)  【ゲスト】高橋 洋子 (北里大学 北里生命科学研究所 創薬資源微生物学 寄附講座 コーディネーター)
ノーベル医学・生理学賞を受賞した北里大学特別栄誉教授の大村智さん。オンコセルカ症などの画期的な治療薬「イベルメクチン」を開発し、10億人以上を病魔から救った功績が評価された。
イベルメクチンはどのようにして誕生したのか?
カギとなるのは微生物が持っている酵素。微生物は栄養分を吸収し分裂して増えていきます。この時に働くのが酵素。栄養分を分解して化合物を作り出します。
この化合物の中には生育に重要な化合物 一次代謝産物生育に重要ではない化合物 二次代謝化合物に分けられます。
この二次代謝産物の方には独自の物が多く、これこそがイベルメクチンの元となっています。
http://www.nhk.or.jp/zero/contents/dsp526.html
『もっと「話が面白い人」になれる雑学の本』 竹内均/編 知的生きかた文庫 2012年発行
ペニシリンはなぜ、体を痛めずに細菌だけを殺せる? より
1928年、イギリスの細菌学者フレミングは、培養していたブドウ球菌のコロニーが青かびで溶かされていくことから、青かびに含まれる抗生物質ペニシリンを発見しました。
レミングにとっては悔しいでしょうが、青かびは偶然生えたものなので、「偶然の大発見」とかいわれています。なぜ、そこに青かびが生えたかという原因には、彼がうっかりシャーレのふたを開けっ放しにして家に帰ったという説から、うっかり鼻水をたらしてしまったというものまで、すべて”うっかり”がつきまとってしまっているのです。
でも、感染症に対する万能特効薬として活躍してきましたし、イギリスのチャーチル首相を肺炎から救ったという栄誉も与えられています。
さて、このペニシリンは、人間の細胞には作用しないで細菌だけを殺しますが、どうしてそんなことができるのでしょう。
細菌の細胞は植物細胞に似ていて、細胞壁をもっています。ペニシリンは、細菌が細胞壁を合成するのを阻止するのです。細胞壁がないと、浸透圧によって周りの水が細菌内に入り込むので、細菌はふくれ上がってやがては破裂してしまいます。でも、人間の細胞には細胞壁はありませんので、まったく影響はありません。
ところが、細菌の中には、細胞壁の外側にさらに脂質の壁をもったものがあります。そういう細菌には、ペニシリンは効きません。ストレプトマイシンなどのマイシン系の抗生物質なら、どちらのタイプの細菌にも効きます。

                              • -

どうでもいい、じじぃの日記。
ぼけっと、『もっと「話が面白い人」になれる雑学の本』を見ていたら、「ペニシリンはなぜ、体を痛めずに細菌だけを殺せる?」があった。
ペニシリンは細菌がもつ細胞壁をやっつけるらしい。
2015年のノーベル医学・生理学賞に、北里大学特別名誉教授の大村智さんが決まった。
大村さんの発見・開発した「イベルメクチン」は、家畜動物だけでなく熱帯地方の風土病のオンコセルカ症の予防薬として使用され、世界で3億人の人々が病魔から救われたそうだ。
人間の細胞には作用しないで細菌、または成虫だけを殺すなんて、すごいですねえ。
まあ、ペニシリンのようなもんですかねえ。よくわからないけど。 (~~;;