じじぃの「自由と民主主義・分断の加速と富の偏在・世界はどこへ向かうのか?プライムニュース」

【自由原理主義をテクノロジーによって実現】新思想 テクノ・リバタリアニズム 先﨑彰容×與那覇潤 2024/5/29放送<後編>

動画 YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=6vHgIWfJ_BM

プライムニュース 2024/5/29放送 <後編>


那覇潤さんとの共著『教養としての文明論』の「はじめに」を公開

2024.05.03 アゴラ 言論プラットフォーム 呉座勇一
新型コロナウイルスでもウクライナ戦争でも、今や「専門家」がSNSで「大衆」を「啓蒙」してくれる時代である。なにか新しい事件が発生すると、「専門家」がたちまち現状を「分析」し、背景を「解説」し、「処方箋」を出してくれる。それは、バッティングセンターでボールが打ち出されるたびにバットを振るような、反射的・反復的な行為である。その見事なバッティングを脇で見ている私たちは、もう本を買って読む必要するないような気さえしてくる。

しかし、私たちは真の意味で知識を得て、じっくり問題を考えていると言えるのだろうか。
https://agora-web.jp/archives/240501224012.html

プライムニュース 「先﨑彰容×気鋭評論家 “力の時代”で世界は 分断の加速と富の偏在」

2024年5月29日 BSフジ
【キャスター】竹俣紅、反町理 【ゲスト】先﨑彰容(日本大学危機管理学部教授 思想史家)、與那覇潤(評論家)

分断の加速と富の偏在…“力の時代”で民主主義は?
世界で頻発する軍事力による現状変更。その一方で進む極度な富の偏在。自由民主主義の限界が見え始めた世界の行方を、気鋭の論客2人を迎えて徹底議論する。

ウクライナ侵攻を続けるロシア。意に沿わぬ台湾の政権に対し包囲演習に出た中国。そして民衆を巻き込んだ市街戦が止まぬイスラエルパレスチナ
さらには自由と民主主義の象徴であったはずのアメリカでさえ、社会の分断に歯止めが効かない。世界はどこへ向かうのか?新たな秩序を生み出すのはどんな勢力や人物なのか?

【私の提言】 「日本が持つべき視点」

先﨑彰容 「俯瞰」
 今日のテーマは俯瞰であり、今の日本の政治家に一番欠けているもの。世界を俯瞰して見る。

那覇潤 「亡命先であれ」
 先﨑さんが究極的に選ぶのは自由主義だと思う。私が究極的に選ぶのは民主主義だ。日本にはどんな人でも亡命してきていいんだよ。
https://www.bsfuji.tv/primenews/