じじぃの「科学夜話・炭素14年代測定・アイスマンの生存は5200年前と判明!炭素物語」

How Does Radiocarbon Dating Work? - Instant Egghead #28

動画 YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=phZeE7Att_s

アラビア半島で8.8万年前の人骨、定説より古い

2018.04.12 ナショナルジオグラフィック日本版サイト
8万5000年以上前のアラビア半島は、現在のように砂がどこまでも広がる土地ではなかった。
●定説より早い出アフリカ
現生人類(ホモ・サピエンス)がアフリカを離れた正確な時期については、考古学者や古人類学者の間で議論が繰り返されている。現在支持を集めている説は、6万年前より古い時代に人類がアフリカの外へ大量に移住した確かな証拠はないというものだ。
7万年前にアフリカ大陸を出た人類の一団は、中東地域を横切り中央アジアに入ったと考えられる。またシベリアでは、4万年以上前の石器や世界最古の針が発見されている。温暖なアフリカからやってきた人類にとって、針は動物の毛皮を使って防寒着をつくることを可能にした、人類史上最も重要な道具のひとつである。1万2千年前には、中国にたどり着いた人々によって、稲作が行われるようになった。桂林では、世界最古の陶器が出土していることから、米の調理が可能になったことや農耕・定住型の生活様式へと変化したことも示唆される。
https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/18/041100162/

交響曲第6番 炭素物語』

ロバート・M・ヘイゼン/著、渡辺正/訳 化学同人 2020年発行

炭素で時間がわかる より

炭素原子のほとんどは星々が生み、未来永劫利用できる。しかし原子のごく一部(約1兆分の1)は、地球というダイナミックな舞台の上で、登場・退場をくり返す役者だといえる。ポッと現れ、ちょっとだけ働き、フッと消えてしまう原子だ。
炭素には安定な原子が2種あった。約99%を占める炭素12と、約1%のやや重い炭素13。それぞれ中性子を6個、7個もち、46億年より前に恒星内で生まれた。
かたや中性子8個の炭素14は不安定だから、安定な窒素14に変わっていく。炭素14は、成層圏の高層で宇宙線(高エネルギーの陽子や原子核)を浴びた窒素原子からできる。宇宙線を浴びた核(原子核)は乱され、そのときに出る高エネルギーの中性子が窒素原子にぶつかる。すると窒素14の核が陽子1個を得て中性子1個を失う結果、炭素14の核になる。数十億年前から続くその現象が、地球大気にたえず微量の炭素14を添えてきた。
炭素14は、中性子が多すぎて居心地が悪く、自己崩壊(放射壊変)したい。そのため、中性子を陽子と電子に変身させて窒素14に戻り、余分なエネルギーを高速の電子(ベータ粒子)の形でだす(放射能)。炭素14の数が半分になる時間(半減期)は5730年だとわかっている。その値が、考古学の研究にぴったりだ。
炭素14年代測定では、炭素の循環を前提に、生物が死んだ時点を突き止める。生きている植物は太陽エネルギーを利用して二酸化炭素CO2と水から糖をつくる(地球上のあらゆる生命を養う光合成)。できた植物の体を動物が食べ、その動物を別の動物が食べる。キノコなど菌類は、動植物の死体を分解して養分にする。そんな植物連鎖を通じ、炭素原子は貯蔵庫から貯蔵庫へと移っていく。
生きている植物は他の炭素原子とともに1兆分の1の炭素14も取り込む。
    ・
炭素14年代測定は考古学をガラリと変えた。メディアにもときどき関連の話が出る。たとえば1947年に死海そばの洞窟で見つかり、古代ヘブライ語アラム語で書かれた数十本の巻物「死海文書」は、リビー発明の測定法にとって試金石となる。測ってみると約2000年前の本物だとわかる。かたや、イエスを埋葬するときに着せたと信者が崇拝してきた「トリノ聖骸布」は、1988年に世界3ヵ所の研究室で年代測定したところ、14世紀の作だとわかった。心霊写真めいた模様が浮かび上がるその布の出所は、いまだに論争が絶えない。
炭素14法は古代史の研究にも役立ち、エジプト王朝の盛衰、人類の「脱アフリカ」の流れ、古代ヨーロッパへの移動、先史ブリテンへの移住史などを明るみにだした。また、先史の居住地や遺物の年代にからむ名高い例に、出土の木片から建造開始が5100年前だとわかった英国の巨石遺構ストーンヘンジや、オーストリア・イタリア国境のエッツ峡谷で氷のなかに見つかったアイスマン(愛称エッツィ)の生存時期(5200年前)がある。遺物の発見と年代測定が、ヨーロッパ中心的な「アメリカ大陸発見」と移民をめぐる定説も書き換えつつある。たとえば米国内の焚火(たきび)跡から、バイキングの移住開始は紀元1000年ごろ(コロンブスの約500年前)だとわかった。

                      • -

どうでもいい、じじぃの日記。
炭素14法は古代史の研究にも役立ち、エジプト王朝の盛衰、人類の『脱アフリカ』の流れ、古代ヨーロッパへの移動、先史ブリテンへの移住史などを明るみにだした」
7万年前にアフリカ大陸を出た人類の一団は、中東地域を横切り中央アジアに入ったと考えられてきた。
「脱アフリカ」の年代が「炭素14年代測定」で分かるものだろうか?
「うんこ」を調べれば分かる?