じじぃの「人の生きざま_359_イーロン・マスク」

イーロン・マスク - あのひと検索 SPYSEE
http://spysee.jp/%E3%82%A4%E3%83%BC%E3%83%AD%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%9E%E3%82%B9%E3%82%AF/1989267
【新型宇宙船オリオン】打ち上げ成功 米、有人火星探査照準 動画 YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=lpbDE54_bBU
火星に8万人移住計画 動画 YouTube
http://www.youtube.com/watch?v=-IcF_SHmVQw
アイアンマン2アメリカ版予告編 動画 YouTube
http://www.youtube.com/watch?v=ckN4g1OZzE4
イーロン・マスク

イーロン・マスクが相馬市に太陽光発電システムを寄贈

イーロン・マスク ウィキペディアWikipedia)より
イーロン・マスク(Elon Musk, 1971年6月28日 - )は、南アフリカ共和国プレトリア出身のアメリカの起業家であり、スペースX社の共同設立者およびCEOである。PayPal社の前身であるX.com社を1999年に設立した人物でもある。
【起業】
2002年に彼は3つ目の会社として、宇宙輸送を可能にするロケットを製造開発するスペースX社を起業し、現在CEOならびにCTOに就任している。また電気自動車会社であるテスラモーターズ社に投資し、同社の最初のモデル「0001」を自ら所有する。2008年10月には同社の会長兼CEOに就任した。

                        • -

イーロン・マスクの野望 未来を変える天才経営者』 竹内一正/著 朝日新聞出版 2013年発行
おわりに (一部抜粋しています)
イーロン・マスクの戦いは映画「アイアンマン2」の主人公トニー・スタークを超越している。
今のペースで人間が増え続け、地球温暖化が進んで自然環境が破壊されれば、人類は地球上だけでは住めなくなる。だから、火星に移住する。しかし、いま火星に行けるロケットはないから、それを作るまでの時間を稼ぐため、電気自動車と太陽光発電を普及させ、二酸化炭素排気ガスがこれ以上増えないように歯止めをする。
そこでステラ社を作り、地味だった電気自動車をカッコよく作り上げ世間の注目を集め、全米に高速充電ステーションを設置して長距離ドライブを当たり前にする。充電ステーションの電気は、ソーラーシティー社が設置した太陽光発電パネルでセルフ供給を可能にする。
スペースX社は宇宙ロケットをコモディティ(汎用品)化して量産し、その上、ロケットの再利用を実現してコストを100分の1に下げ、火星に人類を送り込む。
どれもが、1つの国家でも手を焼くぐらい超ド級なスケールの事業であり、壮大過ぎて、一般人には理解しがたい。この男、世界を変える本物の救世主なのか、それとも、21世紀最悪のほら吹きドン・キホーテか?
     ・
それでは、もう1つの断言できることとは……。それは、私たちが運が良いということだ。
歴史上、類を見ないこんなスゴイことをやろうとしている男を、私たちはリアルタイムで見られるんだ。こんなラッキーなことはない。

                        • -

イーロン・マスク Google 検索
https://www.google.co.jp/search?q=%E3%82%A4%E3%83%BC%E3%83%AD%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%9E%E3%82%B9%E3%82%AF&sa=N&espv=210&es_sm=93&tbm=isch&tbo=u&source=univ&ei=oGLgUrTwGMWpkwXAv4D4CQ&ved=0CCYQsAQ4Cg&biw=918&bih=581