じじぃの「ドジャース・OHTANI・6月男・HR20号・9回の逆転劇!サンスポ」

速報!9回表奇跡の逆転劇!!大谷 逆転ホームランで歓喜のホームイン!!!第5打席【6.19現地映像】ドジャース8-9ロッキーズ 1番DH大谷翔平 9回表1死ランナーなし

動画 YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=nMz8NdTTY7E

大谷選手 田んぼアート


大谷選手の人形


『サンスポ』2024年6月20号

MLBドジャース大谷翔平、衝撃20号は今季メジャー最長145メートル弾 9回5点差奇跡の逆転劇も呼んだ!!

ロッキーズ9-11ドジャース(18日、デンバー=丹羽政善通信員)米大リーグ、ドジャース大谷翔平投手(29)がロッキーズ戦に「1番・DH」で出場し、6回に今季のメジャー最長飛距離となる476フィート(約145メートル)の20号ソロを放った。20本塁打到達は4年連続で、自身の持つ日本選手の最長記録を更新。本塁打数はナ・リーグトップのオズナ(ブレーブス)に並んだ。チームは5点を追う9回に満塁弾と3ランが飛び出し、歴史的な逆転勝利を飾った。

リーグトップタイ

着弾する直前、2羽の鳥が逃げるように慌てて飛び去った。2―7の6回無死。大谷が左腕ゴンバーが投じた内角寄りのスライダーを一閃。打球角度30度、速度113マイル(約182キロ)で一直線に伸びた白球はバックスクリーン前の木々の茂みへと消え、今季のメジャー最長飛距離となる476フィート(約145メートル)を計測した。

ロバーツ監督「表現する言葉が見当たらない」

「あれだけの本塁打を見たことがない。数日前にも同じことを言ったような気がするが、表現する言葉が見当たらないほどに素晴らしい」

取材対応のなかった大谷に代わり、ロバーツ監督は肩をすくめて笑うことしかできなかった。標高約1600メートルの高地にあり、気圧が低く打球が飛びやすいクアーズ・フィールド。昨年6月30日のダイヤモンドバックス戦で記録した自身最長の493フィート(約150メートル)に迫る特大弾で、今季473フィート(約144メートル)を記録していたジャッジ(ヤンキース)とトラウト(エンゼルス)を抜き去った。

得意の6月は6本塁打目と『6月男』が調子を上げてきた。最近8試合で5発と量産態勢に入り、20号はリーグトップのオズナ(ブレーブス)と並んだ。20本塁打到達は4年連続で、自身の持つ日本選手の最長記録を更新。ヤンキースなどで活躍した松井秀喜に並ぶ最多の5度目となり、シーズン43発ペースとなった。

9回にはつなぎ役に徹し、歴史的な逆転劇を呼び込んだ。4―9から代打・ヘイワードの満塁本塁打で1点差に迫ると、続く大谷はチェンジアップを流し打って左前打。右肩を開かず軽打で好機を演出すると、日頃から仲の良いT・ヘルナンデスが逆転の3ラン。打者10人の猛攻で7点を奪って逆転した。

9回に5点差を逆転する勝利は球団では1929年以来95年ぶり。ビハインドの展開で9回以降に満塁弾と3ランを同イニングに記録したのは史上初だ。8回を終えて5点ビハインドのビジターチームは327連敗中だったが、この記録にも終止符を打った。

                  • -

じじぃの日記。

6月19日、NHK BS1MLB ロッキーズドジャース戦を観た。

ドジャース1番打者ベッツ選手は、左手に約158キロの直球が直撃。検査の結果、骨折が判明。長期離脱が決まった。

大谷選手はベッツ選手の穴埋めをするかのように、2番打者から1番打者に変更になった。

大谷選手のホームラン20号(今季のメジャー最長飛距離となる145メートル)もすごかったが、9回の逆転劇はすごかった。

「9回に5点差を逆転する勝利は球団では1929年以来95年ぶり。ビハインドの展開で9回以降に満塁弾と3ランを同イニングに記録したのは史上初だ。8回を終えて5点ビハインドのビジターチームは327連敗中だったが、この記録にも終止符を打った」

ロバーツ監督は試合後、「チームは全体的に素晴らしいパフォーマンスだった。ショウヘイはリードオフの打順(1番)でそつなく仕事をしてくれたのは大きい」と語った。

これからも、「6月男」から目が離せない。