じじぃの「シティ・オブ・ソルズベリー・リサイクル用の水!生態の雑学」

How we turn wastewater into recycled water

動画 YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=cCOLehrKr0w

solsbury recycling water


Water Recycling - City of Salisbury

Water Recycling

Salisbury's water recycling solutions set an example used to showcase best practice urban stormwater management to audiences worldwide. The links in this section will assist you in understanding water management techniques that have been implemented and how Salisbury has achieved this.
https://www.salisbury.sa.gov.au/services/environment-and-sustainability/wetlands-and-water/water-recycling

水のリサイクルに取り組むシンガポール

NHK for School
東南アジアにあるシンガポールは、面積が東京23区と同じ広さの小さな国です。人口は、およそ420万人。狭い国土のため、昔から水不足に悩まされてきました。
そのためシンガポールは、徹底的な水のリサイクルに取り組んできました。まず初めに取り組んだのは、工場の排水のリサイクルです。今では、工場の排水の84%がリサイクルされ、再び工場用水として使われています。家庭から出る排水のリサイクルも始まっています。2000年に完成した、最新の家庭用排水のリサイクル施設です。この施設の一番の特徴は、この「マイクロフィルター」と呼ばれる、何層にも重ねた特殊なフィルターです。細菌やバクテリアなどを次々に濾過して、水をきれいにします。検査の結果、この水は飲料水として使っても問題がないことがわかりました。今まで捨てていた水をリサイクルするシンガポールの取り組み。世界中の水不足に悩む国から注目されています。
https://www2.nhk.or.jp/school/watch/clip/?das_id=D0005402844_00000

生態学大図鑑』

ジュリア・シュローダー/著、鷲谷いづみ/訳 三省堂 2021年発行

人間という要因 より

ソルズベリーの水
南オーストラリア州のアデレート郊外のソルズベリーでは、革新的な水のリサイクル施設が稼働し、マレー川と帯水層からの取水を、ほぼ半減させた。

地域の下水処理場からの処理水と排水された雨水が、50の一連の湿地に導水される。湿地のアシ原や他の水生植物の植生は水をさらに浄化する。
湿地からリサイクルされる非飲用水は、ソルズベリーの住宅地にパイプで送られ、トイレの洗浄や庭への散水、洗車、観賞用の池への給水などに使われる。

より接続可能な水源の提供に加えて、このシステムは、あらたに作られた湿地の生物多様体を高めている。これらの湿地では、両生類、魚類、様々な水生無脊椎動物とともに、留鳥や渡り鳥も見られるようになり、それらのなかにはカモ、ヘラサギ、サギ、ペリカン、ウ、ツルなどが含まれる。

                    • -

じじぃの日記。

生態学大図鑑』という本に、「ソルズベリーの水」という記事が載っていた。

「湿地からリサイクルされる非飲用水は、ソルズベリーの住宅地にパイプで送られ、トイレの洗浄や庭への散水、洗車、観賞用の池への給水などに使われる」

ネットで「水道水をそのまま飲める国」をキーにして検索してみた。

■アジア圏
日本
■ヨーロッパ圏
オーストリア
アイスランド
アイルランド
スロベニア
デンマーク
ドイツ
フィンランド
ノルウェー
■アフリカ圏
南アフリカ共和国
上記に加えて、オーストラリアのシドニースウェーデンストックホルムの2都市でも水道水がそのまま飲めます。

アジア圏では唯一日本だけで、北米、中南米オセアニア、中東圏には1か国もありません。一方で、ヨーロッパ圏、特に北欧では水道水が飲める国が多いのがわかります。
上記以外の国に行く場合には飲み水に注意して、常にお水の確保を心がけるようにしましょう。
https://premium-water.net/feature/w20230516/
   
私は、一応、水道水の水を飲むときは、煮沸したものを飲んでいます。

今年の夏は、アイスコーヒーは欠かせないでしょうね。