じじぃの「食べる米糠(ぬか)・無洗米の製法とは!ふしぎ雑学」

美味しいお米の研ぎ方

正しいお米の研ぎ方!美味しさと風味を逃がさないコツ!

お米の研ぎ方ひとつでお米の美味しさが変わるのをご存知でしょうか?
ふかふかもっちりしたお米にするためには、最初のお米の研ぎ方がとても重要になります。お米の研ぎ方にはコツがあります。今回は美味しく仕上がるお米の研ぎ方やコツ、やってはいけないお米の研ぎ方をご紹介したいと思いますのでこの記事を参考にして正しいお米の研ぎ方で美味しいお米を食べましょう。
https://shufuse.com/4943

『思わず人に話したくなる モノの仕組み』

中村智彦/著 永岡書店 2018年発行

無洗米は糠で糠を取っていた! より

研ぐ手間がかからず、しかも従来の米と比べて栄養価も高いとされる「無洗米」。研ぎ洗いを不要にした製法とはどのようなものなのだろうか。
そもそも精米の過程として、脱穀された籾(もみ)から取り出された中身が「玄米」、玄米から胚芽と糠を取り除いたものが「白米」となる。白米には「肌糠」と呼ばれる糠成分が残っており、これを取り除く作業が「米を研ぐ」という行為である。無洗米は、白米についた肌糠をあらかじめはがしておきことで、米を研ぐ手間を省いてくれているのだ。
この肌糠を取り除く製法として大きなシェアを占めているのが「BG精米製法」。これは糠で糠を削り取る方法で「糠と糠、そして糠と金属が付着しやすい」という性質を利用しているのだが、仕組みはそれほど複雑ではない。白米をステンレス製の筒の中にいれて攪拌しているのだ。白米が攪拌されると、肌糠がステンレスの壁に付着し、その付着した肌糠に他の米粒の肌糠が付着していくことで、ほとんどの肌糠が取り除かれるのだ。
ちなみに玄米を白米にする「精米機」も似た仕組みを使っており、精米機の中で玄米同士をこすり合わせて、その摩擦で糠を取っているのだ。

                  • -

どうでもいい、じじぃの日記。
無洗米と白米、どちらがおいしいのか?
なんとなく、白米の方が無洗米よりもおいしいという印象がある。
ニンジンなどの皮はむかない方がいいのだそうです。皮には栄養がたっぷりあって汚れを取るだけにして食べた方が体によいのだとか。
お米の場合はどうなんでしょうか。
少しぐらい米ヌカがついているほうが、おいしく食べられると思うんですが。