じじぃの「笹舟・日本の海洋プラごみ問題にどう対処するのか!地球を脅かす化学物質」

Are Microplastics in Our Water Becoming a Macroproblem? | National Geographic

動画 YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=ZHCgA-n5wRw

MARINE MICROPLASTICS

Tiny fragments of trash called microplastics (pictured) are
common from the ocean surface to near the seafloor, a study suggests.

G20サミット閉幕 安倍首相が議長国会見(全文2完)日本は日本の役割を果たしたい

日本の海洋プラごみ問題にどう対処するのか

Channel NewsAsia

総理ありがとうございます。CANシンガポールのものです。ブルー・オーシャン・ビジョンについてです。今採択されたばかりでありまして、海洋プラスチックごみに関してです。

日本が技術を供与する、そして経験を供与するということですけども、日本自体がプラスチックごみを大量排出しております。一部の欧州国よりも遅れております、この分野での対処に関しては。またプラスチックごみを日本は途上国に輸出もしております。

ですので総理ご自身、日本の国内事情にまずどうやって対処するつもりでしょうか。国際社会に一緒にやっていこうと呼び掛ける前に、プラスチックごみ削減のためにです。以上です。

安倍

大阪ブルー・オーシャン・ビジョンですが、海は世界共通の財産であります。海洋プラスチックごみによる汚染から私たちの美しい海を守るためには世界全体での取り組み、もちろん日本も含む世界全体での取り組みが必要であります。新興国、途上国を含む世界の主要国からなるG20が大阪ブルー・オーシャン・ビジョンを共有したことは世界全体で海洋プラスチックごみ対策を進める上で大きな意義があると考えています。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190630-00010003-wordleaf-pol

『地球を脅かす化学物質 発達障害やアレルギー急増の原因』

木村ー黒田純子/著 海鳴社 2018年発行

自然界の循環を攪乱する人工化学物質 より

46億年の地球の歴史上、近年50ー60年の間に、いわゆる先進国の人間がもたらした人工化学物質の莫大な生産は、自然界の物質循環の均衡を破り、蓄積・難分解性の人工化学物質をまき散らしたのです。その後に、やや分解しやすいといっても、循環ホルモンやニセ・神経伝達物質など、生命活動を攪乱するような人工化学物質を自然界に放出し、物質の循環を混乱されてきました。深刻な海洋汚染で問題になっているマイクロプラスチックは、自然の循環系に乱入して生態系を破壊しようとしています。有害な重金属類は元は天然物ですが、水俣病の原因である有機水銀のように、人為的な力によって環境汚染を引き起こすこともありました。
これらの有害な県境化学物質の氾濫は、直ちに症状を出さないため、気づきにくいのですが、脆弱な生き物、胎児や小児に悪影響が出ていることは、科学研究から次第に明らかとなっています。日本などの先進国で不妊や不育症が問題となり、発達障害など子どもの健康障害が急増しています。このことは、環境化学物質だけが犯人といえないまでも、大きな要因となっているという科学的裏付けが出ています。このような環境化学物質の影響は、単一の有毒物質だけで障害が出るような従来の毒性とは違う、遺伝要因を絡んだ複雑な複合汚染によるものでしょう。そのため、これを科学的に厳密に実証することは極めて難しく、長い年月がかかると予測されます。
だからといって、このまま放っておいたら、問い返しのつかないことになります。将来を担う子どもたちの健康を守るため、地球温暖化の対策と同様に、予防原則を優先し、危険性のある有害な人工化学物質に対して早急に規制を進めることが必要です。EUでは、有害な環境ホルモンや農薬の規制をすでに開始していますが、日本では対応が遅れています。人間に叡智があるならば、自分たちの技術に過信することなく、持続可能で地球生態系に寄り添った人間の営みを優先し、人工化学物質の反乱から抜け出す「べつの道」を目指したいと気づいている人も、日本で多くなっていることに期待を持ちたいと思います。

                        • -

どうでもいい、じじぃの日記。
G20大阪サミットで、海洋汚染の原因とされるプラスチックごみが議題の1つとして取り上げられた。
容器包装として、外側のフィルム、個包装の包み、プラスチックトレイなどがいたるところに使われている。
新聞を見ていたら、肉や魚用のプラスチックトレイを「笹の葉」に変えたらどうか、とか記事が載っていた。
そういえば子どもの頃、笹舟を作って遊んだことを思い出した。