じじぃの「神話伝説_57_大乗仏教」

100分de名著 般若心経 2/4  「世界は"空"である」 動画 YouTube
http://www.youtube.com/watch?v=bn5u3b5SUyo
仏教の伝来

100分 de 名著 名著19 『般若心経』 2014年9月10日 NHK Eテレ
【司会】伊集院光島津有理子 【語り】小野卓司 【ゲスト】佐々木閑花園大学国際禅学科教授)
●世界は“空”である
世の中は、様々な複雑な要因がからみあいながら、常に移り変わっています。そして世の中の変化のすべてを、人間が完全に予測することはできません。
例えば気候変動にしても、宇宙や気象のメカニズムからある程度のことは予想できます。しかし次の氷河期がいつになるか、はっきりとしたことはいえません。つまり、人間は、何がいつどのような形で起きるかを、正確に知ることは出来ないのです。
古代インドの仏教徒たちは、この不確かな世の中をどうとらえるべきか、様々な考察をめぐらしました。その中から生まれてきたのが「空」の思想です。変化し続ける世の中の背後には、複雑すぎるがゆえに、人智が及ばない何らかの法則がある。その「見えない変化の法則」を「空」と呼んだのです。
「般若心経」は、私たちは「空」のもとで生きているとしています。そして人間が、どのような心構えで人生をおくるべきなのかを語っています。
番組では、日本人の心の原点ともいえる般若心経を読みときながら、「空」の思想を今どのように受けとめるべきかを考え、生きるヒントを探っていきます。
http://www.nhk.or.jp/meicho/famousbook/19_heart-sutra/index.html
『人類の歴史を変えた8つのできごとI――言語・宗教・農耕・お金編』 眞淳平/著 岩波ジュニア新書 2012年発行
宗教の誕生 (一部抜粋しています)
大乗仏教は、特定の人間が広めた特定の思想を指しているわけではありません。
さまざまな思想や信仰が相互に影響し合い、形づくられていったものです。
しかし共通する要素もあります。たとえばそのひとつは「利他行」です。さらに、それを実践する主体として、「菩薩」などといった存在を想定することも多くあります。
あるいは先ほども述べた、釈尊の超人化・神格化、奇跡やたとえ話などといった要素が見られる、という点も挙げられます。
このうち利他行とは、多くの人々を救うための行動を意味しています。
そのひとつの主役となるのが、菩薩です。
もともと菩薩は、釈尊の前世を指す言葉でしたが、ここでは人々を救うという「利他の請願」を起こし、悟りを開くために修業をする人、という意味に変っています。そこから、自らを菩薩のような存在だと考え、人々を救おうとした人もたくさんあらわれました。
しかしその後、信仰の対象となる菩薩も登場します。これが、観音、地蔵、文殊、普賢、虚空蔵などといった菩薩です。人々は、そうした菩薩に祈りをささげ、自分や家族などの幸福を願うようになっていきました。この場合の菩薩は、超人的な存在であり、ある意味で、多神教の神々と似た性格を持っている、といってもよいでしょう。
そこからは大乗仏教を、釈尊の教えとの関係でどう位置づけるのか、という命題も生まれました。一方で、大乗仏教釈尊の考えとはなんの関係もない、とする「大乗非仏説」を主張する人がいます。それに対して、ひとりでも多くの人々を救うことこそが釈尊の願いであり、大乗は釈尊の思いを実現させるための教えだ、と考える人もたくさんいます。
     ・
大乗仏教には、ひとつのユニークな特徴があります。それが「空(くう)」という概念の重視です。
空は「ゼロ」と同じ概念で、「なにもないこと」を意味しています。
この空の概念は、古代インドの思想の中で受け継がれてきたものですが、大乗仏教ではその教えの大きな柱のひとつとして、この空を位置づけています。
具体的には大乗仏教は、この世のすべてのものに実態はなく、その本質は空である、と説きます。この説には、いっさいすべてが空という説と、物事を認識する心・意識だけは実在するという説、のふたつがありますが、その違いについては置いておきましょう。
ともあれ大乗仏教では、この空の概念をとても重要視しています。
たとえばそれは、仏教の基本概念である「縁起」とも、大いに関連があります。
つまり物事は、縁起によってあらわれるものであり、物事自体にもともと備わった実体はない。本質は空である。そうであれば実体のない物事に執着しても仕方ない。それよりも、物事への執着から心を解き放ち、自由になることこそが大切だ、と説いているのです。
空の概念は、インドの古代思想の中から登場した考え方であり、初期仏教では解説がなされています。しかしこの空の重要性に注目し、精緻な理論の中で論じたのが、大乗仏教の大きな特徴のひとつであることは間違いありません。