じじぃの「日本のおもてなしの心・おしぼり!世界に誇る日本のすごいチカラ」

3分で 東京ディズニーランドに行きたくなる動画 音楽 bgm 動画 YouTube
http://www.youtube.com/watch?v=DWwcr0Nhofk
TOTOウォシュレット 動画 YouTube
http://www.youtube.com/watch?v=L8ndLz4SGmU
おもてなしの心 ディズニー Google 検索
http://www.google.co.jp/images?hl=ja&rlz=1T4GZAZ_jaJP276JP276&gs_l=hp....0.0.1.51735...........0.3ZnwCTzBU64&sa=X&oi=image_result_group&ei=YUCDUcqUN4-fkgXB-YGQBg&ved=0CBsQsAQ&q=%E3%81%8A%E3%82%82%E3%81%A6%E3%81%AA%E3%81%97%E3%81%AE%E5%BF%83%20%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%BA%E3%83%8B%E3%83%BC%20%E7%94%BB%E5%83%8F&tbm=isch
オリエンタルランド過去最高益=ディズニー30周年で今期予想も 2013/04/26 時事ドットコム
オリエンタルランドが26日発表した2013年3月期の連結業績は、売上高が前期比9.9%増の3955億円、営業利益が21.7%増の814億6700万円、純利益が60.3%増の514億8400万円といずれも過去最高となった。14年3月期も、東京ディズニーランドTDL)の開園30周年効果で、過去最高の更新を見込む。
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201304/2013042600959
諸外国でウォシュレットが普及しない理由は何でしょう? 2011/2/7 Yahoo!知恵袋
海外ではウォシュレットの普及はほとんどありません。
あるとしても中国、アメリカの一部高級ホテルに設置されているぐらいです。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1455071694
おしぼり ウィキペディアWikipedia)より
おしぼりは、日本では客向けに飲食店などで使用される、手を拭く道具である。「(お)てふき」ともいう。通常はひらがなで表記し、漢字を交ぜた「お絞り」「御絞り」と書くことはあまりない。おしぼりを使用する一部の間では、温かいおしぼりをアツシボ、冷たいおしぼりをツメシボと略すこともある。日本発祥のおしぼりは、今や全世界に広がりつつある。
日本の10月29日は、10本の指を2(ふ)9(く)の語呂合わせで『おしぼりの日』と定められており、全国おしぼり協同組合連合会において2004年に制定された。
【海外でのおしぼり】
1959年より日本航空は国際線で離陸前の搭乗客におしぼりを提供し始めた。このサービスが好評で、日本以外の航空会社でも国際線で熱いおしぼりを出すようになり、現在、離陸前におしぼりを提供するサービスは珍しくない。
また、海外の雑誌にも取り上げられるほど、日本以外の各国に普及し始めている。中国では比較的普及が早く、高級料理店ではおしぼりが登場することも少なくない。米国や欧州のレストランでは、ナプキンを使用する習慣があるため現段階ではそれ程普及していないが、おしぼりのローリング・包装を自動的に行う機械を販売する日本企業では、既に米国、欧州、カナダに販売実績を持っており、海外ではニュージーランド(The Hot Towel Company)、オーストラリア(Xceed Oshibori)、イギリス(Yeppy (UK))(Mito)という会社がおしぼりの提供を行っている。

                              • -

『図解 世界に誇る日本のすごいチカラ』 インタービジョン21【編】 三笠書房 2012年発行
世界の人々に愛される、日本の「おもてなしの心」 (一部抜粋しています)
レストランや居酒屋などで、おしぼりが出されるとホットするという人は多いだろう。おしぼりは日本独特のサービス。その原形はすでに『古事記』『源氏物語』の時代にあったという。
江戸時代には、旅籠(はたご)や茶屋を訪れた旅人のために、手ぬぐいと水を張った桶が用意されていた。旅人は水に浸した手ぬぐいを絞って手足を拭いた。この「絞る」という言葉が「おしぼり」の語源になったという説もある。
今のような形のおしぼりが普及したのは戦後の高度成長期。喫茶店やバー、クラブといった飲食店が増え、欠かせないサービスとして定着していった。昭和29年には日本航空が機内で温かいおしぼりの提供をスタート。好評だったため、他国の航空会社もおしぼりサービスを導入し始めた。使い捨てでななく繰り返して使うため、「エコ」の観点から見直されている。

                              • -

どうでもいい、じじぃの日記。
ぼけっと、『図解 世界に誇る日本のすごいチカラ』という本を見ていたら、「世界の人々に愛される、日本の『おもてなしの心』」というのがあった。
「江戸時代には、旅籠(はたご)や茶屋を訪れた旅人のために、手ぬぐいと水を張った桶が用意されていた」
こういうおもてなしの心は日本だから、あるのだろうか。一番最初に思い浮かべるのはお客に対する接待マナーだ。
ネットで「おもてなしの心」をキーに検索してみた。
東京ディズニーランド」が出てきた。東京ディズニーランドは営業利益が過去最高なんだとか。これも「おもてなしの心」が関係しているのか。
「ウォシュレット」が出てきた。
外国で温水洗浄便座(ウォシュレット シャワートイレ)を設置しているのは、有名なホテルぐらいらしい。
日本での温水洗浄便座の普及率は6割ぐらいとのこと。これも「おもてなしの心」が関係しているのだろうか。
「レストランや居酒屋などで、おしぼりが出されるとホットするという人は多いだろう」
「おしぼり」はよく喫茶店に入ると、サービスで出てくる。
コットン製のおしぼりより、紙製のおしぼりの方が衛生的な感じがする。
何となく、そう思っただけだが。