じじぃの「人の死にざま_1129_A・ミュシャ」

アルフォンス・ミュシャ - あのひと検索 SPYSEE
http://spysee.jp/%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%83%9F%E3%83%A5%E3%82%B7%E3%83%A3/3139
Alfons Mucha 動画 YouTube
http://www.youtube.com/watch?v=OWvrIvs7LKY
Alphonse Mucha paintings - Dipinti di Alfonso Mucha 動画 YouTube
http://www.youtube.com/watch?v=aSfZ1mK7308
ミュシャ 「JOB」 画像
http://moon-water.org/beautiful/art/20091202mucha/mucha_job.jpg
アルフォンス・ミュシャ 画像
http://www.g-e-m.jp/mucha/img/top.jpg
ミュシャ Google 検索
http://www.google.co.jp/images?hl=ja&rlz=1T4GZAZ_jaJP276JP276&q=%E3%83%9F%E3%83%A5%E3%82%B7%E3%83%A3&gs_l=hp...0l5.0.0.5.94904...........0.Y5wSX0EX5SU&sa=X&oi=image_result_group&ei=hSZiUe6LBMSIrQfrz4D4BQ&ved=0CDAQsAQ
ミュシャ(mucha)・アルフォンスミュシャの日本正規総代理店
http://www.g-e-m.jp/mucha/
ミュシャ財団秘蔵 ミュシャ
森アーツセンターギャラリー(六本木ヒルズ 森タワー52階) 会期:2013年3月9日〜5月19日
http://www.ntv.co.jp/mucha/
アルフォンス・ミュシャ ウィキペディアWikipedia)より
アルフォンス・マリア・ミュシャ(Alfons Maria Mucha, アルフォンス・マリア・ムハ、1860年7月24日 - 1939年7月14日)は、アール・ヌーヴォーを代表するグラフィックデザイナー。「ミュシャ」という表記はフランス語の発音によるものであり、チェコ語の発音を日本語表記すると 「ムハ」または「ムッハ」となる(ヘルプ / リンク)。
多くのポスター、装飾パネル、カレンダー等を制作した。ミュシャの作品は星、宝石、花などの様々な概念を女性の姿を用いて表現するスタイルと、華麗な曲線を多用したデザインが特徴である。イラストレーションとデザインの代表作として『ジスモンダ』『黄道12宮』『4芸術』などが、絵画の代表作として20枚から成る連作『スラヴ叙事詩』が挙げられる。

                                    • -

日曜美術館 「パリをとりこにした女神の微笑(ほほえ)み」 2013年4月7日 NHK
【司会】井浦新伊東敏恵 【主演】箭内道彦(クリエイティブ・ディレクター)
「100年前なのに今見ても新しい!」。19世紀末のパリ、斬新なデザインでポスターに革命をもたらしたアルフォンス・ミュシャの魅力を、広告界のトップクリエイター、箭内道彦さんが語り尽くす。
ミュシャの伝説、それはたった一枚のポスターから始まった。ある時、ミュシャは、ひょんなことから、当時のフランスを代表する女優サラ・ベルナールの舞台公演のポスターを制作することになった。それまで、全く無名の挿絵画家に過ぎなかったミュシャ。しかしそのポスターは、貼り出されるやパリ中の話題をさらい公演は大成功。一夜にして、ミュシャ時代の寵児と呼ばれるようになり、自転車やビール、タバコなど、さまざまな商品の広告ポスターを手がけていった。箭内さんは、ミュシャのポスターには、現代の広告にも通じる巧みな戦略とセンスが隠されているという。
しかし衝撃のデビューから10年、ミュシャはすべての名声を捨ててパリを去り、アメリカ、そして祖国チェコへと向かう。そうした中で描かれた知られざる油絵の数々が物語る、ミュシャの真実とは。
http://www.nhk.or.jp/nichibi/weekly/2013/0407/index.html
2013年4月7日 NHK日曜美術館』 「パリをとりこにした女神の微笑(ほほえ)み」 より
箭内道彦さんが六本木ヒルズミュシャ展を訪れる。
アール・ヌーヴォー様式を代表する画家アルフォンス・ミュシャ
19世紀末、かってない繁栄を謳歌していたパリ。一枚のポスターが人々の目をクギづけにしました。
色彩豊かな女性を描いたイラスト風な絵が出てきた。
可憐な化粧と草花に囲まれた神秘的な女性。まだポスターが誕生してまもない時代、パリ中に大旋風を巻き起こしました。
描いたのはアルフォンス・ミュシャ。全く無名な画家が一夜にして時代の寵児になりました。ミュシャは度肝を抜くポスターを次々に世に送り出します。
その魅力は広告の最先端で活躍する現在のポップ・クリエーターをも刺激しています。
箭内道彦さん、「100年前なのに全然古くなっていない、と言い方を皆するけど、今も新しいということではないですか。洋楽のジャケットになっても斬新だし」
そして、ポスターの陰に隠された知られざる油絵が生涯をかけた画家の思いを伝えます。