じじぃの「ITERプロジェクト・地上の太陽・核融合発電は実現するか?世界のドキュメンタリー」

Scientists Successfully Produced Nuclear Fusion Conditions (February, 2014) 動画 YouTube
http://www.youtube.com/watch?v=VXfSRyeTiH0
臨界プラズマ装置「JT-60SA」組み立て始まる 原子力機構那珂研究所 動画 YouTube
http://www.youtube.com/watch?v=nyZrcJN0NLs
ITER Google 検索
http://www.google.co.jp/images?hl=ja&rlz=1T4GZAZ_jaJP276JP276&q=ITER&sa=X&oi=image_result_group&ei=loM5UeeKPMvFkQWj04G4Cw&ved=0CDQQsAQ
レーザ核融合(大出力レーザ応用技術) 浜松ホトニクス
●レーザで創る小さな太陽
レーザ核融合による人工太陽はクリーンな電気エネルギーを私たちの社会にもたらします。核融合発電プラントでは、水素ガス等を作ったり、有害物質の分解や変換を同時に行うことができます。
http://www.hamamatsu.com/jp/ja/technology/innovation/laser_fusion/index.html
核融合研究進展、プラズマ1億度に迫る (追加) April 6, 2014 ナショナルジオグラフィック
核融合研究には毎年200億円以上が投じられているが、成果がわかりにくい。自然科学研究機構の核融合科学研究所岐阜県土岐市)は、大型ヘリカル装置(LHD)で1億度に迫るイオン温度9400万度を達成した。
定常運転では、1200キロワットの加熱電力で48分間、プラズマ保持に成功した。この定常プラズマに注入された総エネルギー量はこれまでLHDが持つ世界記録の1.6ギガジュールの2倍以上の3.4ギガジュールに達した。
http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=00020140404002
臨界プラズマ装置「JT-60SA」組み立て始まる 原子力機構那珂研究所 2013年1月29日 茨城新聞ニュース
フランスで建設中の国際熱核融合実験炉(ITER)の関連施設として整備される臨界プラズマ試験装置「JT-60SA」の組み立てが28日、那珂市向山の日本原子力研究開発機構那珂核融合研究所で始まり、基礎部分の据え付けが行われた。同研究所では2019年3月の稼働を目指しており、完成後はITERを補完する実験に取り組む。
http://ibarakinews.jp/news/news.php?f_jun=13593809497591
神戸製鋼グループ、ITERプロジェクト向け超電導線材を開発・受注 2012/10/02 日経プレスリリース
ITERプロジェクトは、核融合実用化へ向けた実験を行う国際プロジェクトで、日・欧・露・米・中・韓・印の7つの国・地域が参加し、2020年までに仏カダラッシュに実験炉(本体総重量23,000トン)を建設し、その後約20年間の実験を行う一大プロジェクトです。
資材の調達はすでに開始されており、当社もすでにTFコイル(プラズマを閉じ込める役割)向けに約40トンの超電導線材を納入しています。今回、より高い性能が要求されるCSコイル(炉の中心部でプラズマに電流を発生させる部位)向けの線材を開発し、日本のプロジェクト取り纏め機関であるJAEAから受注することができました。CSコイルには合計約120トンの超電導線材が使用され、今後も2013年から15年にかけて全量を日本で調達される計画であり、引き続き受注を目指して参ります。
http://release.nikkei.co.jp/detail.cfm?relID=320788&lindID=4
韓国核融合記事で改めて気付く日本勢の独善 2010.10.24 Blog vs. Media 時評
先週、朝鮮日報が「韓国の人工太陽『KSTAR』、核融合に成功(上)核融合研、2000万度で6秒間プラズマを維持」と報じたのを見て、20年以上前に核融合を取材していた頃にタイムスリップした感じで目眩がしました。何億度到達が問われている現在、ニュースは超電導コイルを使った点だけですが、核融合による高速中性子を検出したと胸を張っていらっしゃいます。これを機に久しぶりに日本の核融合「業界」をサーベイしてみると、こちらも我田引水の独善ぶりで、くらくらする思いでした。
http://blog.dandoweb.com/?eid=108686
我が国の核融合研究開発の 現状について 2012年4月10日 原子力委員会
ITER計画: 世界7極(日米欧露中韓印)による、核融合エネルギー 実現に必要不可欠な国際共同プロジェクト。東日本大震災後のス ケジュールの遅れを最小化し、早期にITER建設が実現するよう、 我が国が分担する調達活動等を積極的に行う必要がある。
超伝導コイルの製作の流れ
 全体スケジュールに沿って、6極がそれぞれ役割を分担して協力し、19個の超伝導コイルを製作。
 → ITERサイト(仏)納入 2015年5月〜2018年3月。
http://www.aec.go.jp/jicst/NC/iinkai/teirei/siryo2012/siryo13/siryo1-1.pdf
ITER ウィキペディアWikipedia)より
ITER(イーター)は、国際協力によって核融合エネルギーの実現性を研究するための実験施設である。この核融合実験炉は核融合炉を構成する機器を統合した装置であり、ブランケットやダイバータなどのプラズマ対向機器にとって総合試験装置でもある。計画が順調に行けば原型炉、実証炉または商業炉へと続く。
【日本の位置】
日本はITER計画の当初からの計画設立国であり、たとえばプラズマ中の断熱層の発見によってITERの建設費を約半分にする提案を行い、1998年以降に設計変更まで成し遂げるなど、大きな成果を挙げてきた。現在は、日本がITER計画の主導権をとって推進しているといえる。まだ計画の域から実行段階の最初に差し掛かったIFMIF計画も、六ヶ所村での建設計画がゆっくりと進められている。
ITERの目標】
公式のITERの目標は「平和的目的のための核融合エネルギーの科学的・技術的な実現性のデモンストレーション」となっている。ITERではいくつか個別の目標があるが、すべて実際に役立つ核融合動力炉の開発についての事柄である。
・短時間、外部入力エネルギーより10倍の融合熱によるエネルギーを発生させる(Q値:10)
・Q値を5を超えて安定したプラズマを発生させる
・最大8分間の融合パルスを維持する
・「燃焼」(自己維持)プラズマを点火する
核融合発電所に必要な科学技術と技法を開発する ― 超伝導磁石とロボットによる遠隔操作技術を含む
トリチウムの生産構想を立証する
中性子を遮蔽し熱を生み出す技術を向上させる(D+T核融合反応での多くのエネルギーが高速中性子の形で得られる)

                            • -

BS世界のドキュメンタリー 「地上の太陽 〜“核融合”発電は実現するか〜」 2011年8月10日 NHK BS
太陽や宇宙にちらばる恒星の輝きの源である核融合エネルギー。現在の原子力発電が質量の重いウランやプルトニウム原子核分裂反応を利用したものだが、これに対し、核融合エネルギーは質量の軽い原子である水素やヘリウムによる核融合反応により作り出される。
究極の未来エネルギーとして注目される核融合とは一体どのようなもので、どんな可能性を秘めているのか?いま実用化に向け世界各国がしのぎをけずる野心的な開発の現場をリポートする。
BBCの科学番組の顔としてプレゼンテーターを務めるブライアン・コックス氏は、人気ロックバンドのキーボード奏者として活躍した経歴の持ち主。 その後、物理学の学位を取り、現在は欧州原子核研究所で研究生活を続けている。
番組は、一般に科学番組で多用されるCGを廃し、コックス教授の魅力的で、親しみやすい語り口と、全身の動きが醸し出すイメージを用いて、難解な科学の読み解きを行う。
原題:Can We Make a Star on Earth?
制作:BBC / Science Channel (イギリス/アメリカ 2009年)
http://www.nhk.or.jp/wdoc/backnumber/detail/110810.html
どうでもいい、じじぃの日記。
3/7 再放送であったが、NHK BS 『世界のドキュメンタリー』で「地上の太陽 〜“核融合”発電は実現するか〜」を観た。
こんなことを言っていた。
水素やヘリウムの核融合は、地球上のどこでも原料が手に入り、危険な廃棄物も残さないというメリットがある。実用化に向けて研究が進む最先端のアメリカと韓国を訪ねる。 
番組の最後に、プレゼンテーターのブライアン・コックス氏が核融合発電で世界の最先端を走っているという韓国の核融合実験装置「KSTAR」を紹介していた。
へぇ〜。韓国もやるじゃん。
ネットで「核融合発電」について調べてみた。
KSTARは2008年に日本の日本原子力研究開発機構(JAEA)から韓国の核融合発電研究にプラズマ発生装置を貸与したものだった。その後、プラズマを閉じ込める超伝導電磁石をサムスンの当該部門が製作したらしい。
それでも、BBCのドキュメンタリー番組に世界の最先端を走っている国として韓国が登場したことには驚いた。
このドキュメンタリー番組の製作は2009年のもので、最近の核融合発電ではかなり事情が違ってくる。最近の研究はフランスのITER(イーター)という国際熱核融合実験炉に移っている。
核融合発電の核融合実験炉、超伝導電磁石については ↓ が詳しい。
http://www.aec.go.jp/jicst/NC/iinkai/teirei/siryo2012/siryo13/siryo1-1.pdf
それによると、
日本、韓国、中国で調達された超伝導コイルは、日本が実機用にまとめてITERサイトに納品。
欧州、アメリカ、ロシアで調達された超伝導コイルは、欧州が実機用にまとめてITERサイトに納品。
CERN(欧州原子核機構)のヒッグス粒子発見の時の実験装置には日本企業が大きく関わった。
日本で今建設中の臨界プラズマ装置「JT-60SA」が完成すれば、ITERに大きな影響を与えるらしい。
2019年完成予定のITERでも、日本は主導的な位置にあるようだ。
ITERではプラズマを1000秒以上保持できることが目標だ。だが、このプラズマを長時間閉じ込めるための炉壁などに問題がある。
「地上の太陽」が本当に実現するものなのだろうか。