じじぃの「人の死にざま_1007_小田・稔」

小田稔 - あのひと検索 SPYSEE
http://spysee.jp/%E5%B0%8F%E7%94%B0%E7%A8%94/19458/
サイエンスZERO 「ブラックホールはくちょう座X-1」  2012年4月29日 スペシャル動画
http://www.nhk.or.jp/zero/movie/mov016.html
A Black Hole - Cygnus X-1 動画 YouTube
http://www.youtube.com/watch?v=jri5vVt-tvo&feature=related
ブラックホール はくちょう座X-1の発見 動画 Ustream.tv
http://www.ustream.tv/recorded/16610966
すだれコリメータ 画像
http://www.isas.jaxa.jp/ISASnews/words/GIF/word-24713.jpg
用語解説 すだれコリメータ
平行に置かれた2枚の「すだれ」を通して遠方を見ると見る方向によってものが見えたり見えなかったりする。「すだれコリメータ」(図参照)はこの原理を応用したもので、鏡で反射させたりレンズで屈折させたりすることができない光子エネルギーの大きなX線(硬X線)やガンマ線の入射方向を調べるのに使われる。故小田稔先生(元宇宙科学研究所所長)が考案、世界にさきがけ天体観測に使用した。
http://www.isas.jaxa.jp/ISASnews/words/words-24713.html
小田稔 ウィキペディアWikipedia)より
小田稔(おだみのる、1923年2月24日 - 2001年3月1日)は、日本の天文学者、宇宙物理学者。大阪帝国大学理学部物理学科菊池正士研究室出身だが、菊池の弟子・渡瀬譲に師事したので、小田は菊池の孫弟子といえる。はじめ実験物理学を専攻したが、その後電波天文学に転向し、さらに宇宙線物理学及びX線天文学を専門とするに至った。旺盛な好奇心と夢のような発想の持ち主で、研究者仲間から「星の王子さま」の愛称で呼ばれた。北海道札幌市出身。
父は医学者で台北帝国大学教授を務めた小田俊郎、母方の祖父は台湾の医学教育に尽くした堀内次雄。元国際司法裁判所判事の小田滋は弟。
【業績】
X線天体観測機「すだれコリメータ」を1966年に発明し、X線源の精密な位置決定を可能にした。これにより1975年に学士院恩賜賞を受賞した。

                                    • -

2012年4月29日、NHK EテレサイエンスZERO』「謎の天体 ブラックホールを解き明かせ!」より
アインシュタインが生み出した一般相対性理論。これによればブラックホールは不思議な性質を持っています。一般相対性理論では重力の正体は時空のゆがみです。つまり重力によって空間がゆがむというのです。そして、空間のゆがみは重力の強さによって変わります。重力の強い星ほど空間を大きくゆがめるため、直進する光でさえ曲げられてしまいます。このことは観測からも確かめられています。
ブラックホールは「とてつもなく質量が大きい天体」と定義することができます。そして、ブラックホールの質量が大きいということは「光さえも抜け出せない」ということを意味しています。
      ・
ここまでX線によるブラックホールの観測について見てきましたが、この方法でブラックホールを初めて観測したのは1971年のことでした。そこにはある一人の日本人の活躍がありました。
アメリカ・ボストンにあるマサチューセッツ工科大学 (MIT) の映像が出てきた。
X線を使ったブラックホールの観測。この技術の実現に大きく貢献した日本人とは!
マサチューセッツ工科大学客員教授として招かれていた宇宙物理学者の小田稔さんです。
マサチューセッツ工科大学の研究グループは最新鋭の観測機器をロケットで打ち上げ、宇宙からのX線を観測していました。そして、思いもよらぬほど強いX線を捉えます。はくちょう座の方向からX線は放たれていました。しかし、この領域には星が多すぎてどこからX線が出ているのか、分かりませんでした。
一体どうすればX線の源の正確な位置が分かるのか、小田さんは通っていたペットショップでそのヒントを見つけました。
回し車の中のハムスターが終わりのない回転を続けている。回っている車越しに向こう側が見える。
回し車の向こう側が見えたり、隠れたりする様子を見た小田さんは、日本に帰国後、この原理を応用した装置の製作を始めます。小田さんたちが作った模型です。細い金属と金属の隙間がすだれのように見えることから、「すだれコリメータ」と名付けられました。
すだれのような金属の線が2組入った装置の映像が出てきた。
左側にX線源があり、右側に検出器がある。検出器の前にすだれコリメータがある画像が出てきた。
検出器の前に2枚以上のすだれを置くと、X線が飛び込んでくる方向がわずかに違うだけでもX線が通ったり、通らなかったりします。こうしてX線の飛んでくる方向を絞り込もうとするアイデアです。
1966年、小田さんはすだれコリメータを使って、宇宙からX線の観測に挑みます。すだれコリメータを使ってX線の源の正確な位置が絞り込まれました。さらに、小田さんはアメリカの衛星によるX線観測にも参加。X線源はさらに絞り込まれたのです。
では、何がX線を出しているのか。精密な観測によって意外なことが分かってきました。X線が出している場所に星はなく、その近くに太陽の質量の30倍もある巨大な青い星がありました。研究者たちはこの青い星から出る光を分析しました。すると星の色がわずかに変化していたのです。
人のバイオリズムのように変化している曲線(星の公転周期)が出てきた。
これは星が動いていることを示しています。分析の結果、巨大な星は5.6日という短い周期で何かの周りを公転していることが分かりました。太陽の10倍という重い星なのに、そこには星が見えない。しかも、強いX線を放射している。そうです。これこそがブラックホールだったのです。
人類が初めて観測によって発見したブラックホールは「はくちょう座X-1」と名付けられました。

                                    • -

人類の星の時間を見つめて 喜・怒・哀・楽の宇宙日記 2』 的川泰宣/著 共立出版 2008年発行
X線天文学事初め(9)「すだれ」の初舞台 (一部抜粋しています)
X-15に向けてせっかく装置を作ったし、しかも装置を軽くするためにベリリウムを使うという工夫も加わっていました。そこへ偶然ジャコーニがロケット実験を用意しているという話が飛び込んできました。今度もやはりエアロビー・ロケットでした。
小田先生は、ジャコーニのところに、なんとかしてロケットにスペースを作ってくれないか、と頼みに行きました。ジャコーニは「よしきた」と快く承知してくれ、ロケット搭載の彼のカウンターの前のスペースを空けてくれました。しかしそこにはどう配置を工夫しても小田先生の「ネズミ卓」を入れるスペースがありません。
ここで再び小田先生の真骨頂が発揮されます。クルクルまわる車の代わりに平たい形にしようというアイデアが閃きました。そのときは初め2枚合わせたものを急きょ用意し、小田先生が自分で工場でフライス盤をまわしながら作りました。こうした作業を見ながら、ロッシは、「これは日本の”bamboo screen”(すだれ)だね」と言ってご機嫌でした。
      ・
こうして小田先生の「すだれ」は、さそり座X-1と銀河中心のX線源を分離し、華々しいデビューを飾りました。NASAではひところ「オダ・コリメータ」と呼んでいたそうですが、結局英語では”modulation collimeter”、日本では「すだれコリメータ」と呼ぶことになりました。「すだれコリメータ」はその後も改良され、アメリカやヨーロッパの人工衛星でも華々しく使われたことは、すでにX線天文学の歴史の常識です。

                                    • -

小田稔 X線 Google 検索
http://www.google.co.jp/images?hl=ja&rlz=1T4GZAZ_jaJP276JP276&sa=X&oi=image_result_group&q=%E5%B0%8F%E7%94%B0%E7%A8%94%20X%E7%B7%9A%20%E7%94%BB%E5%83%8F&tbm=isch