じじぃの「二酸化炭素(CO2)が増え続けるとどうなるのか?科学の落し穴」

地球温暖化は人為的か? 自然現象か? 動画 YouTube
http://www.youtube.com/watch?v=qH81JZUKUXc&NR=1&feature=fvwp
地球温暖化の真相とは 1/5 動画 YouTube
http://www.youtube.com/watch?v=FWSizFSkI_s&NR=1
温暖化がきっかけで海洋深層大循環が停止NOAA / NASAの資料画像 動画 YouTube
http://www.youtube.com/watch?v=zDICXZJli2k
The Day After Tomorrow 動画 YouTube
http://www.youtube.com/watch?v=SnvqsWVluCE
地球温暖化の加速 画像
http://www.nakagawa-masaharu.jp/environment/image/fig02_01_02.gif
IPCC地球温暖化第三次 画像
http://www.nec.co.jp/eco/ja/issue/warming/adaptation/images/adaptation_01.gif
プライムニュース 「成長の壁か? 果実か? 温室効果ガス26%削減 政府目標と各国の思惑」 (追加) 2015年6月15日 BSフジ
【キャスター】秋元優里、反町理 【ゲスト】井上信治自由民主党環境・温暖化対策調査会副会長 元環境副大臣 衆議院議員)、澤昭裕(21世紀政策研究所研究主幹)、小宮山宏科学技術振興機構低炭素社会戦略センター長 元東京大学総長)
今月8日開かれた主要7ヵ国首脳会議・G7サミットは、世界全体の温室効果ガス削減の新たな長期目標を盛り込んだ首脳宣言を採択。この会議で安倍首相は、2030年度までに、2013年度比で26%温室効果ガスを削減するという新たな目標を表明した。
国際社会は2020年以降の温暖化対策の枠組み(ポスト京都議定書)をCOP21で合意する計画だ。COP21の議長を務めるファビウス仏外相は18日、「我々は(COP21で)失敗できない」と危機感を訴えた。
二酸化炭素を多く輩出する中国、インド、米国と日本は同じスタートラインでやるものか。
反町、「2030年までにマイナス26%、というのはガチガチなのか、ある意味努力目標として各国がどういう努力をするのか、という話なのか」
澤昭、「日本が海外に技術移転を行えば、日本にカウントされる。途上国も自分たちでコミットしていくので、例えば、インドネシアでCO2が減った分はインドネシアも努力したので減らしたことを主張したい。IPCC気候変動に関する政府間パネル)が技術をどうやって行くかについて交渉対象になっていない。ICEF(革新技術議論)の取り組みを国際的に認めて活かせる」
井上、「これから国際的な枠組みを決めていく時に日本に有利なように交渉しなければならない。途上国に日本が貢献していくことが大事だ」
前編:http://www.bsfuji.tv/primenews/movie/index.html?d150615_0
後編:http://www.bsfuji.tv/primenews/movie/index.html?d150615_1
ワールドビジネスサテライト 2014年4月10日 テレビ東京
【司会】大江麻理子大浜平太郎、豊島晋作、相内優香
アメリカ500年に一度といわれる水不足
アメリカのカリフォルニア州では500年に一度ともいわれる大干ばつで水不足が続いています。農家では農業用水の供給が止まり、野菜や果物を栽培できない状況が続いています。グラナイトベイのダムでは水位が例年より大幅に下がっています。
ロングビーチの飲食店でも、客が注文した場合のみ水を出すなどの対策を始めました。
水不足の打開策として期待されているのがオレンジカウンティー浄水施設です。不純物やバクテリアをろ過できる皮膜で生活排水を飲み水にしています。
カリフォルニア州ではアメリカの農作物の約半分が生産され、海外にも出荷されていますが、今年は輸出量が減少する見込みです。牛肉の2月の平均小売価格は2013年から7.5%上昇し、調査開始以来最高値となるなど、水不足の影響が広がっています。
http://www.tv-tokyo.co.jp/mv/wbs/market/post_64120/
環境科学解説:地球温暖化 第1部「地球温暖化とは?」−将来の気候を予測するには?
100年後の気温上昇は1.1°C 〜 6.4°C
http://www.nies.go.jp/escience/ondanka/ondanka01/lib/f_03.html
ここまでわかった!地球温暖化の現実【第4回】:地球温暖化:ECO JAPAN −成長と共生の未来へ−
http://eco.nikkeibp.co.jp/article/special/20090311/101085/?P=2
研究報告:永久凍土の融解で、今後数十年のうちに地球温暖化が加速するおそれ 2011年03月03日 daily-ondanka.com
http://daily-ondanka.com/news/2011/20110303_1.html
地球温暖化 ウィキペディアWikipedia)より
この地球温暖化は自然由来の要因と人為的な要因に分けられる。20世紀後半の温暖化に関しては、人間の産業活動等に伴って排出された人為的な温室効果ガスが主因となって引き起こされているとする説が有力とされている。2007年2月には国連の気候変動に関する政府間パネル(IPCC)が発行した第4次評価報告書 (AR4) によって膨大な量の学術的(科学的)知見が集約された結果、「人為的な温室効果ガスが温暖化の原因である確率は9割を超える」と報告された。このような報告が現在の世界の動きの基礎となっている。
AR4で集約された科学的知見によれば、2100年には平均気温が最良推定値で1.8〜4°C(最大推計6.4°C)、海面水位は平均推計で38.5cm(最大推計59cm)上昇するとされている。地球温暖化の影響要因としては、「人為的な温室効果ガスの放出、なかでも二酸化炭素やメタンの影響が大きい」とされる。人為的な土地利用によるアルベドの低下、排気ガスなどのエアロゾルやススといった、温室効果ガス以外の原因もある。その一方で太陽放射の変化の寄与量は人為的な要因の数%程度でしかなく、自然要因だけでは現在の気温の上昇は説明できないことが指摘されている。一度環境中に増えた二酸化炭素などの長寿命な温室効果ガスは、能動的に固定しない限り、約100年間(5年〜200年)にわたって地球全体の気候や海水に影響を及ぼし続けるため、今後20〜30年以内の対策が温暖化による悪影響の大小を大きく左右することになる。
デイ・アフター・トゥモロー
『The Day After Tomorrow』は、2004年製作のアメリカ映画。地球温暖化によって突然訪れた氷河期に混乱する人々を現実味を持って描く。SF映画でもあり、パニック映画であるとも言える。2005年11月30日付けのAFP通信の記事では、実際にヨーロッパにおいて、映画ほどの急激さはないものの映画と同じ理論で、今後10年単位で平均気温が4度低下する恐れがあるとの科学者の見解を伝えている。

                                  • -

『科学の落し穴―ウソではないがホントでもない』 池内了/著 晶文社 2009年発行
複雑系としての地球の環境問題 (一部抜粋しています)
       ・
しかし、大気中の二酸化炭素が増加しているのは事実であり、それが何らかの悪弊をもたらすかもしれない。そのことを少し考えてみよう。
地球が生まれたときの大気の主成分は二酸化炭素であった。そのことは、誕生時の大気をそのまま保持している金星(や火星)の大気組成を調べてみればわかる。その二酸化炭素が徐々に減少して、現在のような窒素と酸素が主成分の地球大気になった理由は2つある。1つは、海水に二酸化炭素が溶けていくことだ。海水に溶けた二酸化炭素は、カルシウムやマグネシウムと結合して固体となり、石灰石として海底に沈んでゆく。火山爆発で再び気体の二酸化炭素に戻って空気中に戻ってきたり、海底が隆起して地上に姿を現し鍾乳洞になることもある。しかし、全体として大気中の二酸化炭素はゆっくり減少して、大気は浄化されてきた。もう1つは、植物による光合成に伴う二酸化炭素の吸収で、初期は海藻や海草が主役を演じ、やがて植物が地上に進出すると大木が繁茂して光合成に参加した。その結果として、光合成で作られた酸素が放出され、地球大気の21%を占めるまで増加したのである。このときの大木が地下に埋まり、高圧下で石炭になった。(石油は、動物性タンパク質が地下で変成されたと考えられている)
この2つのルートで大気中の二酸化炭素は減少してきたのだが、地下資源(石炭や石油)を掘り出して燃焼させるようになってから、事情が変化した。いったん生物に閉じ込められていた炭素を、燃焼という人間の行為によって大気中に放出するようになったのだ。産業革命以来、ずっとそれが続いている。初期の頃は、まだ海水に溶けたり、植物の光合成のために、大気中の二酸化炭素量はそう増えなかったが、1960年頃から目に見えて増加し始めた。現在では、産業革命の時期と比較して約20%も二酸化炭素が増加しており、その推移は止まることがなさそうである。
ここで興味深い小さな変動のことを述べておこう。大気中の二酸化炭素は上昇しながら、数パーセントのオーダーで季節変化をしていることだ。これをよく見ると、北半球の夏に減少し、冬になると増加している。なぜ、そのような季節変化が起るのだろうか。
これには、上記に述べた2つのルートが関係している。まず、地球の北半球には陸が多く、南半球には海が広がっていることを思い出そう。北半球がが夏になると、陸地に生える植物が元気になって光合成が活発になり、二酸化炭素を減らす効果が大きい。さらに、北半球の夏は南半球の冬であり、そのため広がった海水の温度も低い。海水に溶ける二酸化炭素の量は温度が低いほど多いことは、冷やしたビールに多く二酸化炭素が溶けていることからもわかるだろう。(逆に、暖まったビールは二酸化炭素がぬけてしまい味が悪くなる)。つまり、北半球の夏は、2つのルートとも二酸化炭素を多く吸収する効果が働いているために、大気中の量が少し減ることになる。反対に北半球が冬になると、陸地での光合成が不活発となり、南半球の海水面の温度が上がって吸収も小さくなるので、大気中の二酸化炭素量が増える、というわけである。
今のところ、植物の働きと海水への吸収の割合がわかっていない。(そして、今明白なことは2つのルートとも放出量が吸収可能量を上まわっていることで、その余分の量が着々と大気中に蓄積されているのだ)。もし、海の水がかなりの吸収を行っており、二酸化炭素地球温暖化に寄与しているなら、悪循環が生じて地球温暖化が暴走することを指摘しておこう。つまり、二酸化炭素が増えると地球温暖化が進み、それによって海水温度が上昇する。海水温度が上がると二酸化炭素の溶け込む量が減るため、いっそう大気中の二酸化炭素量が増加し、そのために地球温暖化がさらに進行する。すると、いっそう海水温が上昇し・・・・と、悪循環が生じて地球温暖化が暴走する可能性があるのだ。
むろん、このような暴走が起こるためには、大気中に含まれる二酸化炭素量がある閾値を越えねばならない。現在はまだ閾値以下なので暴走していないと言える。しかし、閾値がどれくらいであるのか誰も知らないし、いったん暴走したらどのような状態に落ち着く(「自己組織化」する)のかもわかっていない。(量から質への転化)が起こりかねないことを、私たちはよく知っておく必要性がある。いつまでも、気楽に構えておられないのが実情なのである。

                                  • -

どうでもいい、じじぃの日記。
先日、図書館から池内了著『科学の落し穴―ウソではないがホントでもない』を借りてきた。
地球温暖化」のことが書かれている。
ネットで「地球温暖化」をキーに検索すると、「地球温暖化の真実」というのが出てくる。
地球温暖化は金儲け目的のデッチ上げで、地球温暖化は太陽表面にあらわれる黒点の数が増加したり、減少したりする「太陽活動周期」で起きているのだとか、逆に地球気候は「温暖化」から「寒冷化」に向かっているとか、というのがあったりする。
確かに、太陽の黒点の数の増減でも気候変動があるらしい。
地球温暖化の真相とは」という動画をみると、
「東京の気温は120年で3度も上がったけれど、180 km離れた三宅島の気温は過去60年ほとんど変わっていない。北京はこの20年間に自動車が30倍に増えたせいで気温は急上昇したが、米国の田舎には温度が下がってきた場所も多い」
などと、東京大学生産技術研究所副所長の渡辺正氏が言っていた。
何が真実なのか?
「2100年には平均気温が最良推定値で1.8〜4°C(最大推計6.4°C)、海面水位は平均推計で38.5cm(最大推計59cm)上昇するとされている。地球温暖化の影響要因としては、『人為的な温室効果ガスの放出、なかでも二酸化炭素やメタンの影響が大きい』とされる」
                          (ウィキペディアWikipedia)より)
気候変動に関する政府間パネルIPCC)では、1980年〜2000年までに比べ、21世紀末(2090年〜2100年)の平均気温上昇は1.8〜4°Cと予測している。
地球温暖化は人為的か? 自然現象か?」の動画では地球温暖化の要因別にいろいろ取り上げているので、地球温暖化を考える上で一番参考になった。
1960年頃から、地球の温度は急上昇しているのは事実なのだ。
1960年頃から急速に増えたもの → 自動車 → 二酸化炭素(CO2)だ。
「むろん、このような暴走が起こるためには、大気中に含まれる二酸化炭素量がある閾値を越えねばならない。現在はまだ閾値以下なので暴走していないと言える。しかし、閾値がどれくらいであるのか誰も知らないし、いったん暴走したらどのような状態に落ち着くのかもわかっていない。(量から質への転化)が起こりかねないことを、私たちはよく知っておく必要性がある。いつまでも、気楽に構えておられないのが実情なのである」
大気中に含まれる二酸化炭素量がある閾値を越えたらどうなるというのか?
「深層大循環」というのがある。
グリーンランド沖で冷やされた塩分濃度の高い海水が深海に入り込み、海底を大西洋から南アフリカを経て、一部はインド洋で、一部は北太平洋で湧昇し、海底に沈んだリン等の栄養分を表層にまで押し上げる働きをする深層大循環をコンベアーベルトというのだそうだ。
温暖化で北極の氷が溶け出し、グリーンランド沖の海水は塩分濃度の低い海水になり、・・・・。
二酸化炭素量がある閾値を越えたら、深層大循環が止まってしまう?
「The Day After Tomorrow」が本当にやってくるのかもしれない。
しかし、2020年ごろから、地球に「ミニ氷河期」が到来するという説もある。