じじぃの「人の死にざま_263_有吉・佐和子」

有吉佐和子 - あのひと検索 SPYSEE
http://spysee.jp/%E6%9C%89%E5%90%89%E4%BD%90%E5%92%8C%E5%AD%90/2590/
話題の 華岡青洲 動画 YouTube
http://tanoshitoki.seesaa.net/article/148746037.html
有吉文学は永久に不滅です!
http://www3.ocn.ne.jp/~ariyoshi/
スーパーモーニング 2010年5月4日 テレビ朝日
【レギュラー出演】 やくみつる東ちづる鳥越俊太郎赤江珠緒、その他
【その他】華岡美弥子
特集 追跡ミステリーツアー 華岡青州“ナゾ”の麻酔薬
華岡青州が妻と母に麻酔薬を使って人体実験の手術をしたことについて、医療関係者が語り、華岡青州の医学校、医療所であった春林軒が紹介された。
全身麻酔薬の通仙散の資料がないことの理由を畑埜義雄と池田章が語り、華岡青州の子孫が墓を紹介した。
華岡青州の直弟子だったとされる子孫の佐藤良友さんを訪れた。
http://kakaku.com/tv/channel=10/programID=4940/episodeID=404448/
華岡青洲の妻 あらすじ】
父妹背佐次兵衛が近郷の地士頭と大庄屋を勤め、禄高百五十石の家柄の娘加恵は、請われて華岡家に嫁いだ。夫となる華岡雲平は医学の修業に京都へ遊学中で加恵はその三年間、夫のいない結婚生活を送らねばならなかった。しかし、雲平の母於継は、その気品のある美しさで、加恵にとっては幼い頃からの憧れの的であり、その於継との生活は楽しいものだった。於継も彼女には優しく、雲平の学資を得るための機織り仕事も加恵には苦にならなかった。やがて、雲平が帰って来た。加恵は初めて夫の顔を見て、胸のときめきを覚えたが、その日から、於継の彼女に対する態度がガラリと変った。於継は妻の加恵を押しのけて、ひとり雲平の世話をやき、加恵を淋しがらせた。加恵はそのときから於継に対して敵意に似たものを胸に抱くようになった。まもなく雲平の父直道が老衰で亡くなると、雲平は青洲と名を改め、医学の研究に没頭していった。彼の研究は、手術に際して麻酔薬を用いることで、何よりもまず、白い気違い茄子の花から、完全な麻酔薬を作り出すことであった。一方加恵は於継の冷淡さに、逆に夫に対する愛情を深めていたが、そんなうちに、彼女は身ごもり、実家に帰って娘の小弁を生んだ。しかし間もなく、於継の妹於勝が乳ガンで死んだ。周囲の者は、青洲が実験に使う動物たちのたたりだと噂しあった。その頃、青洲の研究は動物実験の段階ではほとんど完成に近く、あとは人体実験によって、効果を試すだけだったが、容易に出来ることではなかった。ある夜、於継は不意に自分をその実験に使ってほしいと青洲に申し出た。驚いた加恵はほとんど逆上して自分こそ妻として実験台になると夫に迫り、青洲は憮然と二人の争いを眺めるのだった。意を決した青洲は二人に人体実験を施したのである。実験は成功だったが、強い薬を与えられた加恵は副作用で失明した。その加恵に長男が生れるころ、於継が亡くなった。青洲はやがて、世界最初の全身麻酔によって、乳ガンの手術に成功したのだった。この偉業の陰に、加恵と於継の献身的な協力と、そして二人の対立が隠されていたのだが、いま、加恵は、そんなことは忘れたかの如くかつての於継のように美しかった。

                                  • -

有吉佐和子 フリー百科事典『ウィキペディアWikipedia)』 (一部抜粋しています)
有吉佐和子(1931年1月20日-1984年8月30日)は、日本の小説家、劇作家、演出家。和歌山県和歌山市出身。日本の歴史や古典芸能から現代の社会問題まで広いテーマをカバーし、読者を惹きこむ多くのベストセラー小説を発表した。カトリック教徒で、洗礼名はマリア=マグダレナ。代表作は『紀ノ川』、『華岡青洲の妻』、『和宮様御留』など。娘はエッセイストの有吉玉青
【経歴】
長州藩士有吉熊次郎は曽祖父にあたる。横浜正金銀行勤務の父の赴任に伴い、小学校時代を旧オランダ領東インドバタヴィア及びスラバヤで過ごす。
1970年代に入ると、代表作となる『恍惚の人』や『複合汚染』が大きな反響を呼び、いわゆる「社会派」的イメージが定着した。その流れの中で、第10期中央教育審議会委員に任命されたほか、参院選全国区に出馬した市川房枝の応援や、「四畳半襖の下張」裁判の弁護側証人として東京地裁で証言するなどの社会的活動も行った。

                                  • -

『20世紀命日大事典』 蕪木和夫/著 風塵社 1999年発行
8月30日−有吉佐和子 (作家・53歳)
総計2000万部を売ったたいへんなベストセラー作家だった。
処女作『地唄』以来、『紀ノ川』、『華岡青洲の妻』、『恍惚の人』、『複合汚染』と常に社会を揺るがす小説を有吉は書いてきた。
有吉佐和子のペンはまさに戦うための剣そのものだった。相手が国家だろうと大物女優であろうと彼女はずけずけと"口撃"した。
恍惚の人』がベストセラーになった時、その印税1億円を老人ホームに寄付しようとしたら9000万円が税金となることに立腹し、怒りまくったことは有名なエピソードだ。
文字通りの"一筆入魂"有吉は1作を脱稿する度に矢尽き刀折れるように倒れ、入退院を繰り返していたというから"有吉文学"とは命をけずるようにして生み出されたものなのである・
怒りあるがゆえに我あり。作家はそうでなくてはいけない。私は有吉文学を高く評価する。時代と烈しく戦い抜いた女流作家の荒ぶる魂に敬意を表して献杯したい。

                                  • -

有吉佐和子 Google 検索
http://www.google.co.jp/images?hl=ja&rlz=1T4GZAZ_jaJP276JP276&q=%E6%9C%89%E5%90%89%E4%BD%90%E5%92%8C%E5%AD%90+%E7%94%BB%E5%83%8F&um=1&ie=UTF-8&source=univ&ei=ETvjS5LXMsuHkAWAutQR&sa=X&oi=image_result_group&ct=title&resnum=1&ved=0CCUQsAQwAA